極魂 トライチェイサー レビュー
S.I.C.極魂 トライチェイサー2000のレビューです。
P00_9334
全体像。いつも通り極魂らしいアレンジはあるもののトライチェイサーの状態だと流石に生物より機械色の方が濃い印象。
P00_9338
ただマフラーから伸びてる芯なんかはかなり長くて生物的なシルエットになってました。
P00_9340
横から。極魂のバイクは毎回出来いいので今回も造形塗装ともに安定。
P00_9344P00_9350
前と後ろ。ヘッドライトのクリアパーツや全体のメタリック塗装など質感にもこだわった作りに。
P00_9352
上から。
P00_9354
下から。底にはマシントルネイダーなどと同じくスタンド穴が。
P00_9550
各部位など。カウルの黄色の色味なども自然でリント文字のマーキングも綺麗にプリント。
P00_9554
タイヤやエンジン部分の作り込みもかなり細かく焦げたような塗装の表現も見事。
P00_9557
ハンドルやメーター部分なども小さいサイズのわりに非常によく出来てました。
P00_9560
スタンドは珍しく右側に。マフラーはゴウラムとの合体の為取り外せるようになってますがポロリなどは特になかったです。
P00_9322
オプション。ちゃんとバイク用の持ち手が付属。
P00_9368
トライアクセラー。持ち手はハンドルと同じ物を使用。なおバイク側のハンドルを外すことは不可。
P00_9362
クウガと並べるとちょい小さめな気もしますがゴウラムと合体することを考えるとこれくらいでちょうど良さそうです。
P00_9372
乗せた状態。クウガ自体の可動が良いのでぴったり収まります。
P00_9366
サイズはボリュームの差はあるものの全長や全高などはマシントルネイダーと概ね同じ。
P00_9400
適当に何枚か。
P00_9409
持ち手もピッタリで足も綺麗にステップに乗せられるので安定した姿勢で飾ることが。
P00_9540
トライアクセラーはサイズが小さめな武器なので持たせてもちょっと地味。
P00_9545
ただクウガには手持ち武器がなかったのでこれだけでも遊びの幅は広がると思います。
P00_9537
今回も下側に穴が開いておりクウガ付属の短い支柱とも相性が良くて便利。
P00_9490
乗ったまま階段を登ったりしてたトライチェイサーにはピッタリの仕様でした。
P00_9435
穴の径はかなりきつめなのでウィリー姿勢のまま飾っても倒れたりする心配もほとんどないと思います。
極魂 トライチェイサー レビュー
終わり。以上、S.I.C.極魂 トライチェイサー2000のレビューでした。

極魂のバイクは毎度安定してますが今回も機械部分の物凄く細かい作り込みや部位によって使い分けられた質感など造形塗装ともに完璧といっていい出来で非常にカッコよく仕上がってました。
変形などはしないバイクなので単体だと基本的に乗せる以外の遊びはないものの下側にスタンド穴があるのが便利でクウガ付属のスタンドとも相性がよくこれまで出たバイクの中でも特に遊びやすかったです。
ただシリーズを集めてる人なら大体買いそうなゴウラムの方がWEB限定で、そうなると定価+送料でだいぶ高くつく上に届くのも8月とかなり遅いので出来れば今回のトライチェイサーとセットで販売して欲しかったです。

S.I.C.極魂 装甲機ゴウラム、仮面ライダークウガ 3フォームセットなど(魂ウェブ商店)



S.I.C.極魂 トライチェイサー2000

S.I.C.極魂 仮面ライダークウガ マイティフォーム

S.I.C. 仮面ライダーオーズ プトティラ コンボ(あみあみ)