メタルビルド ガンダムエクシア レビュー
METAL BUILD ガンダムエクシア&エクシアリペアIIIのレビューです。
P00_5667P00_5673
全身。エクシアは過去色々出てるだけあってプロポーションは完成されており塗装質感もMETAL BUILDらしい完璧なものに。
P00_5687
顔。フリーダムは塗装が少し粗めでしたが今回は完璧。正面だと首が長めに見えますがここも調節可能なので問題なし。
P00_5686P00_5681
目はメタリック塗装。頬の黄色やマスクのグレーなどかなり複雑なデザインですがどこも綺麗に塗り分けられてました。
P00_5691
各部位など。レンズ内部の文字など含めディテールも丁寧。胸のダクトは少し雑に見えますが肉眼では気にならないレベル。
P00_5695
腰回り。青や赤の色味はダブルオーと似た淡い感じの色使いに。
P00_5676P00_5679
腕や足。肩のケーブルなどは軟質素材で可動の妨げにならず。関節部のダイキャストの金属的質感も見栄え良いです。
P00_5698
背中にはGNドライブ。クリアパーツ&メタリック塗装で劇中の雰囲気を再現。肩のサーベルは前後に可動。
P00_5701
腰のビームサーベルは前後左右に可動し可動の妨げにならない作りに。
P00_5710P00_5712
可動も腰のスイング幅など広く首も引き出し式で大きく可動。ただBJではないので左右に曲げたりは出来ず。
P00_5715
肩も大きく引き出し可能。
P00_5719
肘も申し分なし。
P00_5720
フロントアーマーもいつも通り引き出すことが。
P00_5725
股関節、膝、足首も完璧。ただ関節はかなり固めなのでうっかり力を入れすぎて塗装が剥げないよう注意した方が良さそう。
P00_5639
オプション。手首、スタンド用ジョイント、軟質アンテナ、GNドライブ、腰部ラッチ、マウントパーツなど。
P00_5645
セブンソードとシールド。
P00_5646
エクシアリペア3用換装パーツ。
P00_5655
台座はいつもと同じ。
P00_5739P00_5732
フル装備状態。
P00_5761
GNソード、ライフルモード。刀身の質感が重厚感のある感じでリアル。
P00_5757
取り付けはいつも通り前腕と手首で。
P00_5814
今回アームは収納出来るようになっておりGNソードを装備したまま手を自由に使うことも出来ます。
P00_5762
ソードモードは普通に刃部分を曲げるだけ。
P00_5772
GNシールド。今回左右の青い部分は引き出し式になってました。
P00_5776
裏側。接続は前腕にジョイントをはめるだけのシンプルな構造。
P00_5779
GNロングブレイド。
P00_5781
GNショートブレイド。
P00_5768
ラッチを使い腰に装備することも。なおラッチの軸の先端はBJなので角度や向きを調節出来ます。
P00_5662
GNドライブは付け外し可能で、
P00_5660
カバーが付属。
P00_5954P00_5961
続いてリペアIIIに換装。
P00_5963
換装は上半身は肩と上腕部を取り替え。肩のマーキングが独特でだいぶ雰囲気変わります。
P00_5973
後ろはGNドライブをコンデンサに付け替え、リアアーマーを丸ごと交換。ラッチもサーベル用の物に付け替え。
P00_5968
脚部は太腿、膝、
P00_5970
ふくらはぎを交換。パチパチと付け替えるだけなので換装は非常に楽でした。
P00_5977
GNソード改。こちらは刃部分を付け替えただけで他は変わりなし。
P00_6065
GNロングライフル。リペアIIIならではの武器でエクシアに射撃専用武器が付くというのが新鮮味あります。
P00_5990
各グリップは引き出し式で両手持ち可。緑のセンサー部分も可動。なお別のマウントパーツで右腕に装備することも。
P00_5982
後ろ部分を引き出し、折りたためば格納モードに。
P00_5753
ダブルオーライザーと。エクシアの方が微妙に大きいのが多少気になるものの質感、色味などは統一感あって良かったです。
P00_5820
適当に何枚か。
P00_5808
可動も流石METAL BUILDだけあってほぼ言うことなしなんですがデザイン状、首を回すとどうしても多少は干渉。
P00_5892
スタンドもいつも通り安定感のある作りでダイキャスト使用の重量のある本体をしっかり浮かせることが。
P00_5915
ただ左右に動かすことは出来ないので角度を付けたい場合は軸の付ける位置をずらすなり工夫する必要あり。
P00_5900
マーキングは左肩だけ派手めですが他は落ち着いててあまり癖もない印象。
P00_5941
持ち手の保持もばっちりで武器のポロリなどのストレスもなかったです。
P00_5953
角度のついた持ち手も付属するので定番のポーズも自然に再現することが。
P00_5923
撃ち落とせなーい♪も大体自然な感じに。
P00_5993
続いてリペア3に換装。GNソード改もクリアパーツが使われ綺麗なのでどちらにするか悩みどころ。
P00_6063
リペア3の方が膝が青くなったりするからか派手め。
メタルビルド エクシア レビュー
アニメなどでは未登場なので別にいいかなと思ってましたがロングライフルもよく似合いむしろこっちの方が良いくらいでした。
METAL BUILD エクシア レビュー
終わり。以上、METAL BUILD ガンダムエクシア&エクシアリペアIIIのレビューでした。

流石METAL BUILDだけあってプロポーションや細かなディテールなど圧倒的で塗装も美しく、赤や青の淡い感じの色使いなんかも先に出たダブルオーとちゃんと統一感もあり理想的なエクシアに仕上がってました。
また今回は初立体化となるリペアIIIとの換装が出来るということでGNロングライフルといった珍しい武器なんかも付いて新鮮味もあり、可動もこれまで通りほぼ完璧なのでプレイバリューの面においても隙のない出来になってると思います。
METAL BUILDは今の所1年に1体ペースなので次はまただいぶ先になりそうですが、この流れでダブルオークアンタになるのかまたフリーダムのように別作品の人気の高い主役機になるのかなど気になるところです。

ROBOT魂 ユニコーンガンダム(覚醒仕様)、ダンバイン(トッド機&トカマク機)など(魂ウェブ商店)



METAL BUILD ガンダムエクシア&エクシアリペアIII
DX超合金 VF-171 ナイトメアプラス(一般機)
DX超合金 マクロスF RVF-25 メサイアバルキリー(ルカ・アンジェローニ機)リニューアルVer.(あみあみ)