figma 狂戦士の甲冑
figma ガッツ 狂戦士の甲冑ver.のレビューです。
P00_7840P00_7841
何も付けない状態で全身。背中はマントで隠れてしまいますが腰アーマーなど造形はきっちりされてました。
P00_7918
マントと剣を持たせて。甲冑は見本より色が明るめでしたが質感や微妙な剥げ具合などもリアルで格好良かったです。
P00_7925
マントは以前は紙でしたが今回はプラで造形もリアルに。ただ重いのでスタンドなしでの自立は不可。
P00_7859
顔。独特な目の色形の再現度が高く原作のイメージそのままな印象。
P00_7861P00_7864
造形も非常にシャープで小さめサイズながらかなりの迫力でした。
P00_7867
口は開閉可能。首周りは結構窮屈なので少し首を引き出すとやりやすいと思います。
P00_7852
各部位など。甲冑は見本より色が薄めに見えますがこれはこれで悪くなく質感や造形どこをとっても文句なし。
P00_7856
腰回り。股関節なども軸がきっちり隠れてて見栄え良好。
P00_7847P00_7848
腕や足。足は元から若干膝が曲がった状態になっており完全に真っ直ぐにすることは不可。
P00_7836
オプション。手首パーツも豊富で色々豪華。
P00_7871
頭部、襟パーツを差し替えて正気状態にすることも。こちらだと真っ直ぐにならない膝が少し気になりますが。
P00_7876
こちらの状態ではマントが支えになるのでスタンド無しで自立することも。
P00_7877
顔。こちらは頭部に上顎、襟に下顎に別れた状態に。
P00_7887P00_7884
目の部分は穴が開いておりちゃんと中の目が見える形になってました。
P00_8186
頭を上げれば剥き出しの歯も。
P00_7889
中にはきっちり顔全体が。この状態だとロボコップみたいでちょっと不気味。
P00_7897
剣は以前と同じドラゴン殺しですが今回は刀身や柄など微妙に色が変化。
P00_7914P00_7915
光体シールケも付属。こちらも色や質感など光体らしい雰囲気がうまく再現されてると思います。
P00_7910P00_7900
手にダボがありマントの穴に取り付け可能。首も回るのでちゃんとガッツと目線を合わせたりすることも。
P00_7894
サイズは黒い剣士ver.とほぼ同じ。今回は顔も隠れマントもプラになったので見た目の不満は全くなし。
P00_8037
適当に何枚か。
P00_8055
可動も黒い剣士の時より大幅に向上しておりゴテゴテしてるわりにかなり動きます。
P00_7976
特に以前は出来なかった剣の両手持ちが可能になったのでより原作らしい動きをつけることが。
P00_8130
持ち手も左右ともに角度の違う物が3種付いてるので色々な動きをカバー。
P00_8041
ただ唯一腰が緩めなのと限界まで動かすと関節が抜けやすかった点だけはちょっと残念。
P00_8167
関節が逆向きに曲がったりはしないですが向きなど誤魔化せば折れた状態なんかも再現可能。
P00_8131
マントはプラなので動きを付けたりは出来ないものの今回は元から派手な造形なので以前の仕様より全然良かったです。
P00_8074
続いて正気状態。
P00_8122
可動などは特に変わりなし。原作でも思いましたが頭や口元だけ見えてる辺りがバットマンっぽい雰囲気。
P00_8097
「引っ剥がされんなよ」「ご心配なく」
P00_8115
格好は良いんですがこの鎧手に入れた時辺りから更に話が進むのが遅くなったような気が…
figma ガッツ 狂戦士 レビュー
終わり。以上、figma ガッツ 狂戦士の甲冑ver.のレビューでした。

頭部をはじめ甲冑の造形がどこも非常にシャープで塗装や質感なども美しく、また今回はマントがプラになったことでリアルさも増して見た目に関しては完璧と言っていい出来に仕上がってました。
また可動もデザイン的に多少動かしにくかったりした部分はあったものの、黒い剣士ver.の時より格段に良くなってそちらの不満点だった剣の両手持ちが可能になり原作に出てきた動きに近いポーズを再現出来るようになったのも有難かったです。
限定版のコミックスに同梱ということもあってか値段は平均的なfigmaより高めですが豊富な手首や正気状態の頭部、光体シールケなどオプションも充実してて割高感もあまりないので狂戦士の甲冑のデザインが好きな人などにはかなりオススメです。




ベルセルク 第37巻 figma ガッツ 狂戦士の甲冑ver.付き 初回限定版
figma 映画「ベルセルク」 ガッツ 鷹の団ver.
figma ビビッドレッド・オペレーション 一色あかね(あみあみ)