リボルテック バットモービル レビュー
特撮リボルテック バットモービル タンブラー&カモフラージュVer.のレビューです。
P00_8199
タンブラー通常版。サイズは全長が普通のリボくらいなので小さめですが、ディテールなどはしっかりしてて精巧な作り。
P00_8201
黒もバットマンらしいマットな仕上がりで安っぽさもなく見栄え良かったです。
P00_8204
横から。タイヤは前輪後輪ともに回るものの軸がリボジョイントなのでかなり硬く転がして遊んだりは不可。
P00_8209
前面のガラスはクリアパーツ。ただ黒いので中はほぼ見えず。
P00_8210
タイヤの作りやジェットエンジン周りの機械的なディテールなどもリアル。
P00_8217
裏にはジャンプ用のスタンド穴。裏面はほぼ真っ平らで造形は省略されてました。
P00_8191
オプションは通常版、カモフラージュ版ともに共通。他にいつものスタンドが付属。
P00_8427
搭乗ハッチは開閉可能。
P00_8239
流石に細かい部分は省略されてますがシートなどはきっちり作られてます。
P00_8244
ミニチュアバットマンを搭乗可能。ハンドルもしっかり握れるのでなかなか雰囲気出る感じに。
P00_8254
前輪は左右に可動。軸はリボジョイントですが6mmなので角度なども細かく調整出来ます。
P00_8270
後輪は上下に可動。ただこちらは8mmなので動きは大雑把。
P00_8260
車体後部のウイングも可動式。一番後ろのは4mmジョイントなので向きや角度など細かく動かせます。
P00_8267
後輪手前の板みたいなのも可動式。
P00_8273
ジェットエンジン用の火焔パーツはそのまま穴に取り付ける方式。
P00_8275
全長は以前同じ特撮シリーズで出てたバットマンと近い感じ。当然ながら乗せるのは無理ですが。
P00_8279
続いてカモフラージュVer.。
P00_8285
こちらは主にダークナイト ライジングで出てきた迷彩柄のカラーリング。適度に汚しも入ってて通常版に負けず劣らずリアル。
P00_8290
横から。ただ塗装が複雑なせいか通常版に比べ多少禿げやはみだしなど個体差があったようでした。
P00_8291
違いはカラーリングのみでギミックオプションなどは全て同じ。
P00_8296
ホットトイズのベインさんに持たせるとただの大きい玩具に。
P00_8373
適当に何枚か。
P00_8313
色々ギミックはあるもののあくまで車なので遊ぶよりはただ置いて飾るのがメインになりそう。
P00_8316
旋回。流石に中からバットポッドが出てくるようなギミックまではなし。
P00_8325
後輪も複雑に動きどんな地形にも対応。
P00_8333
ジャンプはビギンズでヒロインを助ける時などをはじめ色んな場面で出てきたので再現出来るのは有り難かったです。
P00_8363
エフェクトも造形や色などなかなかリアル。
P00_8388
続けてカモフラージュ。
P00_8390
こちらはあまり走ったりはせずトラックを護衛しながらゆっくり動いてた時の印象が強かったり。
P00_8394
あんまり似合わないですが一応ジャンプ。こっちにはベインや仲間のミニフィギュアでも付いてれば更に良かったんですが。
P00_8415
こんなシーンはないですが2台あるので競争。
P00_8411
デッドヒート。
P00_8424
襲い来るカモフラージュをジャンプでかわすみたいな。
特撮リボルテック タンブラー レビュー
NGシーン的な1枚で終わり。以上、特撮リボルテック バットモービル タンブラー&カモフラージュVer.のレビューでした。

こういうパワーショップ限定のカラバリが出る時は大抵1種しか買わないんですがカモフラージュver.は迷彩柄で通常版とは見た目も全く異なり、ライジングの時に敵の主力兵器にされたりと非常に印象的だったこともあって今回はセットで購入。
出来の方もサイズは小さめながら特撮リボルテックシリーズらしい精密なディテール、装甲の造形や質感、タイヤやジェットエンジンなどの各種ギミックなどどこも非常に作り込まれてて文句なしでした。
スケールは統一されてなくてもいいのでこの流れで是非バットポッドやバットなど他の乗り物も特撮リボシリーズで出してほしいところです。




特撮リボルテック No.043 バットマン バットモービル タンブラー

特撮リボルテック No.043EX バットマン バットモービル タンブラー カモフラージュVer.

特撮リボルテック No.044 サンダーバード2号(あみあみ)