SHF リュウガ レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーリュウガのレビューです。
P00_9747P00_9749
全身。頭部など一部違いはあるものの大部分は龍騎の流用で色が赤から黒に。
P00_9754
顔。ほぼ龍騎と同じですがこちらはバイザーから透けてた目がなくなり真っ黒に。
P00_9757
敵らしい無機質な雰囲気になってました。
P00_9764
目の部分が赤いクリアパーツになった交換用のバイザーも付属。目の形は龍騎よりもつり目に。
P00_9767
裏に銀塗装などがないので色は暗めですがこれはこれでぼんやりした色が不気味な感じでいいかも。
P00_9770
頭頂部の紋章も変更。
P00_9775
体は色以外は特に変更なし。同じ黒でも複数種の色が使われてて質感なども綺麗。
P00_9780
脚部。足はいつも通りダイキャスト。
P00_9783
左腕にはブラックドラグバイザー。カードの装填ギミックなどは龍騎と共通。
P00_9712
オプション。交換用バイザーが付いたこと以外は龍騎と同じ。
P00_9721
アドベントカード。
P00_9715
スタンドは龍騎同様オリジナルの台座とドラグブラッカー用の複数種の支柱が付いてました。
P00_9785
ドラグクロー。取り付けは龍騎と同じ。
P00_9724P00_9729
ドラグブラッカー。こちらはそのまんま色違いで造形的な変化はなし。関節が硬いので単体での自立も安定。
P00_9735
頭部。黒もかなり濃い目な色合いで敵っぽさが強調されてます。
P00_9740
胴体がドラグシールドなどになってるのも同じ。
P00_9743
尻尾にはドラグセイバー。
P00_9792
ドラグシールドは龍騎と同じく肩や腕に装備可。
P00_9789
ドラグセイバーも同じ。
P00_9732
ドラグレッダーと。レッダーの方は関節の保持力が落ちてスタンド無しでは自立が厳しくなってました。
P00_0027
龍騎と並べるとまさに影といった感じに。
P00_9807
適当に何枚か。
P00_9805
ほぼカラバリなので可動などは変わらず。関節の硬さも龍騎同様どこもちょうど良かったです。
P00_9849
劇中では使ってないですがシールドも一応。
P00_9946
ドラグブラッカーも関節が硬くスタンド無しで色々動きが付けられるので便利。
P00_9909
ゆらゆら浮き上がって、
P00_9878
急加速するキック。今回はfigmaと違いドラグブラッカーが付くので完全再現することが。
P00_9959
龍騎と対決。龍の口は大きく開くのでちゃんと噛み合いも再現することが。
P00_0007
ファイナルベント。時間経ったらへたれそうですがドラグブラッカーは支柱2本で浮かせてもわりと安定してました。
P00_0021
最後はキックのぶつかり合いで。
S.H.Figuarts リュウガ レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーリュウガのレビューでした。

龍騎自体がフィギュアーツの中でもトップクラスに出来良かったので、今回も造形塗装や可動、ギミックなどすべての面で非常に完成度が高く全く不満のない出来に仕上がってました。
値段も龍騎よりほんの少し高くなってはいるもののドラグブラッカーまで付くことを考えれば十分安くて限定でも割高感もほとんどなかったです。
フィギュアーツの龍騎シリーズは5月にベルデ、6月にオーディンと着々とゴールが見えてきてる感じでイベントでは残りのライダーやオルタナティブゼロなんかも展示されてたようなので今後の展開にも期待です。

S.H.フィギュアーツ サジタリウス・ゾディアーツ、フェニックスファントムなど4月9日23時締切(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーW(ダブル) サイクロンジョーカー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド激情態(あみあみ)
S.H.Figuarts 仮面ライダーリュウガ(楽天)