スタチューレジェンド クレイジー・ダイヤモンド レビュー
スタチューレジェンド クレイジーダイヤモンドのレビューです。
P00_4725P00_4729
全身。今回もスタチューレジェンドシリーズのスタンドに多い派手な動きがついたポーズ。
P00_4747
顔が隠れやすいので多少見る角度は選ぶ感じですが固定フィギュアならではの曲線的なフォルムが美しいです。
P00_4751
塗装もグラデやシャドーなどいつも通り安定。
P00_4743P00_4744
足を大きく開いてるので台座はキラークイーンより大きく過去最高クラスでした。
P00_4757
顔。超像可動の時より目が奥まってるので影になってしまいがちですが顔自体は迫力もあり格好良いです。
P00_4764P00_4761
サイズが少し大きくなってるので眉間のディテールなど超像可動より若干細かくなってました。
P00_4769
各部位など。体のデザインはそんなに複雑ではないので造形塗装も安定。
P00_4776
首のチューブなんかも細かい作り。
P00_4772
腰回り。各部の銀のハートマークは超像可動より渋い色合いになってました。
P00_4783
ナックル部分などもきっちり。
P00_4788
固定フィギュアだけあって背筋の捻り具合なんかもリアル。お尻なんかも微妙にセクシーだったり。
P00_4795
足は大きく開いてるのでスペースは結構使います。
P00_4802
サイズは超像可動より少し大きめ。色も微妙に変わってました。
P00_4809
キラークイーンとはポーズの相性が非常に良く並べると統一感あります。
P00_4819
適当に何枚か。
P00_4824

P00_4835

P00_4856

P00_4874

P00_4869

スタチューレジェンド クレイジー・ダイヤモンド レビュー
終わり。以上、スタチューレジェンド クレイジーダイヤモンドのレビューでした。

今回も固定フィギュアならではの躍動感のあるポーズで筋肉の流れなども美しく表情も迫力があり、値段も高めなだけあって全体の造形塗装のレベルも高く主人公のスタンドにふさわしい安定した出来でした。
特に先に出ていたキラークイーンとのポーズの相性が良くて並べて飾ると1枚のイラストみたいになる点なんかも良かったです。
吉良吉影は既に出るのが決まってますが今回のクレイジーダイヤモンドに合わせた仗助も早く出て欲しいところです。




スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 29.クレイジー・ダイヤモンド

スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第四部 30.吉良吉影

スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第五部 31.プロシュート&ザ・グレイトフル・デッド(あみあみ)