RG デスティニー レビュー
RG デスティニーガンダムのレビューです。
P00_5805
全身。流石RGなだけあって見事な色分け率でプロポーションも良好。ウイングも大きくシルエットも格好良いです。
P00_5800
後ろ。背中に色々背負ってますがどれも重量はさほどないので自立は安定。ただ時間経つと腰が反ってくるようでした。
P00_5825
顔。目の下のラインや頬のダクトもきっちり色分けされており顔自体もデスティニーらしい悪役顔でイメージ通り。
P00_5817P00_5814
メインカメラや目はシールが付いてますが下は一応クリアパーツ。
P00_5836
部位など。襟元の赤や胸部水色、ダクト内部などこの辺の色分けも完璧。意外と幅があって体格はがっしりしてます。
P00_5783
今回もコックピットは開閉可能。
P00_5841
腰回り。パネルラインなどいつも通りRGならではアレンジもありますが元の成型色も暗めなので他ほど目立たないかも。
P00_5806P00_5811
腕や足。腕は普通ですが膝辺りのモールドは結構多め。脛などかなり細めなSEEDらしいプロポーション。
P00_5847
ウイングはかなり大きめでハッタリの効いた感じに。3枚の小羽の角度は固定。
P00_5852
バックパックは内部の赤も色分け。
P00_5856P00_5859
右側にはアロンダイト、左側にはビーム砲。中央部の小さい三角の赤は流石にシールでした。
P00_5787
オプション。
P00_5793
シール。頭部とビームシールドのみ使用。
P00_5866
フル装備状態。
P00_6103
アロンダイト。専用の持ち手が付属しピンで固定出来るので保持は安定。ただ時間経つと肩はへたれてきます。
P00_5898
ビーム砲もアームが柔軟に可動するのでスムーズに展開。ただこちらはピンはあるものの専用の持ち手は付属せず。
P00_5877
ビームライフル。こちらもピンで保持。持ち手は剣と同じ物が使えます。
P00_5903
腰にマウントも可。
P00_5880P00_5881
シールドはスライド式。接続は腕にはめるだけ。
P00_5888
ビームシールド。シールで色を再現するのは微妙かなと思いましたが実際貼ってみるとそんなに悪くなかったです。
P00_5892
肩のフラッシュエッジ用のビームも付属。投擲用の小さいビーム刃も付いてます。
P00_5907
パルマフィオキーナ用のガバっと開いた専用手首も付属。
P00_5869
フレームは共通なのでサイズはこれまでのRG SEED系と変わらず。
P00_6051
適当に何枚か。
P00_5938
骨組みはフリーダム、ジャスティスと同じで特に干渉する箇所もないので可動もあまり変わらず。
P00_5948
あんまり印象ないですがビームライフル両手持ちなんかも普通に出来ます。
P00_5958
ビーム刃も色形ともにほどよい仕上がり。
P00_5984
ビームシールドは思ってたよりはマシだったもののこれがデフォになったら嫌だなあという気も…
P00_5989
ビーム砲はアームがしっかりしてるのでスムーズに展開。
P00_6007
ただ砲身はあまり長くないのでスライドギミックでもあれば更に良かったかも。
P00_6043
アロンダイト展開。こちらは結構な長さで迫力は十分。
P00_6044
左手は専用手首がないので添える感じですが肩の引き出しのおかげで両手持ちもわりと自然に。
RG デスティニーガンダム
突進。
RG デスティニー レビュー
終わり。以上、RG デスティニーガンダムのレビューでした。

流石RGだけあって目の下の赤や各種武器の細かい部分までほぼ完璧に色分けされており、大型のウイングなど含めプロポーションも今風のバランスでかなりのかっこ良さに仕上がってました。
可動も肩の引き出しをはじめ最近のRGらしくどこも柔軟に動きアロンダイトの両手持ちなんかもばっちり再現出来、武装も各種ピンがついてるのでポロリなども少なく遊びの面でも申し分なかったです。
次はGP01ということで最近のラインナップから考えるとちょっと地味めですが、HGがもうかなり古くなってリニューアル版でも出して欲しいと思ってた所だったのでそちらも楽しみです。

RG デスティニーガンダム用 拡張エフェクトユニット“光の翼”、MG クロスボーンガンダムX2 Ver.Kaなど(プレミアムバンダイ)



RG 1/144 ZGMF-X42S デスティニーガンダム
HGUC 1/144 フルアーマーユニコーンガンダム(ユニコーンモード)
HG 1/144 ガンダムアストレイブルーフレーム セカンドL(あみあみ)