SHF ライナーフォーム レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 ライナーフォームのレビューです。
P00_6970P00_6973
全身。頭部や肩、太腿など電王らしい意匠は残しつつも赤い部分が多くてどことなく戦隊ヒーローっぽいような独特なデザイン。
P00_6991
顔。他の電王系と同じく全体の明るい色使いが綺麗で複眼も透明感があって見栄え良く出来に関しては良かったです。
P00_6987P00_6983
ただ動いてるとあまり気にならなかったですが、じっくり見ると目尻が上がってる形などあんまり格好良くはないかも。
P00_6994
各部位など。中央のレールは他と同じですが周りの色形などは微妙に古さを感じるような玩具っぽさが。
P00_6996
腰回り。クライマックス同様ケータロスは開いた状態。ただ今回液晶は真っ黒で微妙に劣化してました。
P00_6999
サイドにはデンガッシャーホルダー。
P00_6977P00_6979
腕や足。他のフォームより銀や黒の割合が減ってるせいか若干頼りない感じで良太郎っぽさが出てる気がします。
P00_6964
オプション。
P00_7005
デンカメンソード。ウラタロスデザインということでお面をいっぱいくっつけたようなコミカルなデザイン。
P00_7010
グリップは顔の裏に。派手な刀身も綺麗に塗装されてました。
P00_7291
劇中通り電仮面は回転可能。モモの仮面は可動式で柄のレバーも引き出すことが出来ます。
P00_7022
ライダーパスの装填ギミックも再現。
P00_7013
サイズは普通の電王より微妙に小さく並べると弱そうな感が。
P00_7050
適当に何枚か。
P00_7067P00_7060
ライナーフォームは足の開き具合や腰つきなど微妙に不恰好にしたほうが良太郎っぽさがでる気が。
P00_7293
ウラロッドにチェンジしてキック。
P00_7280
釣り上げ。オプションは少なめですがデンカメンソードのギミックを使えば遊びの幅もなかなか。
P00_7298
キンアックスにチェンジ。
P00_7261
ソードは軽めですが本体も非ダイキャストで軽いのでしっかり両手持ちしてバランスをとらないとちょくちょく倒れることが。
P00_7251
リュウガンにチェンジ。肩アーマーは腕側に付いてるので肩も動かしやすいです。
P00_7306
ショット系らしいですが構えは牙突みたいに見えた決め技。
P00_7159
一応主人公ですが今これを一般売りしてビーストハイパーを限定にするくらいなら個人的には逆で良かったような…
P00_7069
最後は電車斬りで。
S.H.Figuarts 仮面ライダー電王 ライナーフォーム レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 ライナーフォームのレビューでした。

元デザインからしてちょっと癖のあるフォームですが、出来に関してはこれまでの電王系と同じく鮮やかな色使いやクリアパーツ、メタリック塗装などによる質感の再現など普通に良かったです。
持ち手が若干緩めなので両手持ちしないと武器を安定して保持出来ない点は気になったものの可動も他の電王同様動かしやすくてデンカメンソードのギミックなども細かく遊びの面でもなかなかのものでした。
ただやはりこういう大型の武器を持つキャラなんかの場合は足がダイキャストだったら遊びやすさが大幅に向上すると思うので龍騎系だけじゃなく他のライダーも出来るだけその仕様にして欲しいところです。

S.H.フィギュアーツ 宇宙刑事シャリバン、シャイダー、アポロガイストなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 ライナーフォーム
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーディン&ゴルトフェニックス
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーX(あみあみ)