マフェックス アメイジング・スパイダーマン レビュー
MAFEX アメイジング・スパイダーマンのレビューです。
P00_8748P00_8754
全身。暗めなスーツの色や細身のプロポーションなどアメイジング版らしい仕上がりで造形塗装などもよく出来てました。
P00_8775
顔。顔の輪郭や目の色形など再現度も問題なし。適度に汚れた塗装になってるのもリアルさが出てて良かったです。
P00_8771P00_8766
目はアルミホイルが内蔵されてるみたいになっててキラキラ光を反射。ただ左目の端が少し皺になってたのは残念。
P00_8779
各部位など。胸の蜘蛛の刺繍も綺麗に再現。スーツの細かいウェブパターンは塗装だけじゃなくちゃんと造形されてました。
P00_8780
腰回り。色がかなり暗めなこともあって質感なども良好。
P00_8757P00_8760
腕や足。プロポーションはアメイジング版らしく細身。足は可動優先か素立ちだと若干O脚気味になってます。
P00_8803
足の裏もきっちり再現。
P00_9038
背中にも蜘蛛の刺繍。
P00_8794
可動範囲はかなり広く首や腰のスイングの他、肩や股関節なども引き出し式になってて死角のない作り。
P00_8800
膝や肘も深く曲がり接地性なども完璧でした。
P00_8742
オプション。
P00_8746
figmaや魂ステージに近い感じのスタンドも付属。
P00_8806
スパイダーウェブは手首に挟み込むタイプと、
P00_8809
持ち手で保持する2種のタイプが付属。
P00_8784
リボルテック版と比べると頭一つ分大きめ。旧版とアメイジング版の違いもあるので顔つきや体型、色などもかなり違いが。
P00_8791
他シリーズの適当なものと。結構大きいですがfigma、フィギュアーツなどと並べてもそこまでの違和感はないと思います。
P00_8832
適当に何枚か。
P00_9036
接地性などは前述の通り完璧でピタッと地に足がつき接地面も広めなので自立も安定してました。
P00_8936
股関節も引き出し式なので180度の開脚が可能。ただ背中に穴があれば更に遊びやすかったと思うのでそこだけは残念。
P00_8851
首もスパイダーマンらしい動きを再現出来るよう上下にかなり曲げることが
P00_8903
スパイダーウェブは映画のイメージ通りクリアパーツで再現。
P00_8907
スパイダーマンは浮いてる時が多いので足の裏がちゃんと塗装されてるのも地味に有難かったです。
P00_8927
完璧ではないものの体育座りに近い動きまで出来たり。
P00_8861
腰は特に動くので飛んでる時の反ったような動きもばっちり。
P00_9023
スライディング。映画に出てきた動きはほぼ再現出来る感じでした。
P00_9004
アメイジング版は基本的に夜行動するのでカラーリングが暗めになってるのも映画の雰囲気が出てて良いと思います。
P00_8989
旧版はゴブリンが格好悪かったりヒロインが酷かったりでとりあえず1作目に関してはアメイジングの方が良かった気が。
P00_8980
続編もあるそうなのでヴェノムなどもどういうキャラになってるのかも気になるところです。
P00_8952
最後はラストの飛び回ってる感じで。
マフェックス スパイダーマン レビュー
終わり。以上、MAFEX アメイジング・スパイダーマンのレビューでした。

先にバットマンの出来を見てから買うか決めようとしてたところ、そっちが延期になりスパイダーマンだけ先に発売されあっという間に市場から消えかかってたので何とか探して購入。
メディコム・トイの商品は今まであまり買ったことなかったので期待半分不安半分でしたが、アメイジング版のイメージ通りの造形塗装が見事に再現され、可動範囲も恐ろしく広くシリーズ1番目と思えないほどめちゃ出来良くて驚きでした。
個人的に本命のバットマンの方も今月中には出るようなのでそちらにも期待です。




マフェックス No.001 アメイジング・スパイダーマン アクションフィギュア

マフェックス No.002 バットマン アクションフィギュア

特撮リボルテック No.045 アイアンマン マークI(あみあみ)