リボルテックヤマグチ ビックバイパー レビュー
リボルテック ビックバイパーのレビューです。
P00_0830P00_0834
全身。頭部が小さくスラっとした体型。色もゲーム中などの印象より明るめでスタイリッシュな感じにまとまってました。
P00_0856
顔。ビックバイパーは頭部が大きいのが特徴ですが今回は変形の都合か他との統一感を重視してかだいぶ小さめに。
P00_0853P00_0850
カメラ部分は塗装ですがグラデになってるので見栄え良好。モールドなども細かく入ってます。
P00_0861
各部位など。変形後の姿の方が先なので独特な体型。色は白ですがパール光沢が強いので質感の安っぽさはなし。
P00_0863
腰回り。機首が股間の位置に来るので特殊な形に。機首の角度は腰関節の曲げ具合で調節可能。
P00_0838P00_0846
腕や足。手も羽の形そのままという珍しい形。足は今回もランディングギアが付かないので自立させて飾るのは不可。
P00_0870
背中。肩の裏などもかなり細かい作り。肩やウイングは基部が何重にも可動するので角度や向きなど自由に調節することが。
P00_0826
オプション。他にいつものスタンドが付属。
P00_0879
接近戦用のエフェクト。取り付けははめるだけですがサイズがピッタリなのでポロリなどはほぼなし。
P00_0876
マニピュレーターハンド。肘から先を交換して使用。指は固定。
P00_0883
続いて変形。まず足を抜き、差し替えパーツを取り付け。
P00_0884
再度足を差し込み、機首部分を引き上げて頭を隠すように位置を調整。両肩を頭部に寄せ前腕は後方に可動。
P00_0889
ウイングと前腕の向きを変え、
P00_0892
後方から見た時X字になるように調整。
P00_0904
膝を折りたたみ足の向きを変えて高速移動モード完成。
P00_0906
リボルテックの変形はあんまり良い印象ないんですが今回は最低限の差し替えで両形態とも上手く再現出来てると思います。
P00_0909
横から。差し替えパーツのおかげで足が綺麗にまっすぐになるので自然な形に。
P00_0915
裏側。スタンド穴は人型形態と同じ。
P00_0872
ゲーム中だとちょっと大きかった気がしますがサイズはジェフティとほぼ同じ。頭部が小さいので体型なんかも統一感あり。
P00_0929
適当に何枚か。
P00_0946
足は箱裏の見本だと閉じてますが変形後も股関節、膝などは動くのでちゃんとゲーム内と同じ状態に出来ます。
P00_0949
変形。人型形態では関節など通常のリボルテックと変わらないので普段通り動かすことが。
P00_0985
機首部分を少し浮かせればちゃんと腰も回せます。
P00_1001
ウイングと肩は繋がってるものの何重にも関節が仕込まれてるのでそれぞれ自由に可動。
P00_1053
腕も細くよく動くのでゲーム以上に深く交差することが。
P00_1031
エフェクトもシンプルながら色などちゃんとゲームと同じなのでなかなか雰囲気出る感じでした。
P00_1047
どんな角度でもポロリもなく腕の可動も良いので扱いも楽。
P00_1038
形的にちょっと蟷螂拳っぽい感じに。
P00_1020
結構アレンジはいってるので多少賛否ありそうですが人型で飾るならこれくらい小顔の方が個人的には格好良い気がします。
P00_1068
ジェフティと対決。
P00_1063
接近だ!ゲーム内だと夕焼けのようなステージだったのでビックバイパーの色にちょっと違和感。
リボルテックヤマグチ ビックバイパー レビュー
終わり。以上、リボルテック ビックバイパー レビューでした。

プロポーションや質感などは同シリーズのこれまでの機体と合わせられてるので設定に比べるとやや違った見た目になってますが、そのおかげで統一感はあり造形もシャープでかなりのかっこ良さでした。
変形も差し替えパーツを使う方式なのでプロポーションなどにも影響なくスムーズに行え、また各部の関節は普段のリボルテックと同じなので可動範囲も広くエフェクトも付いてるおかげで遊びの面でも申し分なかったです。
今の所予定はないみたいですが、あとはネフティスとインヘルトさえ揃えばエース級の機体はコンプリートという感じなのでここまできたらそちらも是非続けて出して欲しいところです。




リボルテックヤマグチ No.132 ビックバイパー
リボルテックヤマグチ No.136 エヴァンゲリオン第13号機
リボルテックヤマグチ No.135 モンスターハンター ジンオウガ(あみあみ)