figma COBRA コブラ レビュー
figma コブラのレビューです。
P00_1725P00_1729
全身。一番代表的な赤いスーツ姿。色的にはシンプルですが造形が細かくシャドーも吹かれてるので大味な感はなし。
P00_1750
顔。原作、新旧アニメなどでそれぞれ顔つきが微妙に異なるキャラですが今回は彫りの深いリアルな顔立ちに。
P00_1796P00_1798
原作とは少し違う感じですがコブラらしさは出ておりなかなかのカッコ良さ。なお今回は眼球が可動するので別表情はなし。
P00_2076
眼球可動はリボのウッディと同じ仕組みで片方ずつ動くので寄り目などギャグっぽい顔にすることも。
P00_1756
各部位など。筋肉の造形も自然で関節部もいつも通り目立たない作りになっており見栄え良好。
P00_1758
腰回り。微妙なもっこり加減なんかもリアル。
P00_1732P00_1737
腕や足。プロポーションも違和感なく特徴的なズボンの裾もきっちり再現されてました。
P00_1770
左腕はサイコガン。曲線的なラインや重厚感のある質感も原作のイメージ通りに再現。
P00_1721
オプション。葉巻は予備が1本付属。
P00_1778
ケース状義腕。中は空洞でちゃんと被せられるようになってるのでサイコガンを抜くシーンを再現することが。
P00_1783
普通の左腕も付属するので通常時の姿も再現出来ます。
P00_1773
リボルバー式拳銃。第2の武器マグナムも付属。
P00_1775
ライター。かなり小さいですが炎はちゃんとクリアパーツになってるなど精巧な作り。持ち手も専用の物が付いてました。
P00_1950
サイコガンは二の腕部分は厳しいですが関節は共通なので肘から下なら他のキャラにも簡単に付け替え出来ます。
P00_1790
適当なものと。サイズはサムス・アランより少し大きいくらい。
P00_1820
適当に何枚か。
P00_1872
特別マッチョというわけでもないので可動は普段のfigmaと変わらず。肩は引き出し式で柔軟に動きます。
P00_1891
股関節も引き出し式。別表情はないですが目線が動くので様々な動きに対応。
P00_2009P00_2003
そこそこ重量があり接地面が広いので自立も安定。
P00_1978
サイコガンが使えない時期など含めマグナム中心で戦うこともあったのでこちらも付いててくれて良かったです。
P00_1828
義手を外すシーン再現用にわざわざ空洞の物まで付けてくれるのも親切。
P00_2067
肩可動が優秀なのでサイコガンに右手をそえるポーズもバッチリ。
P00_1901
膝もよく曲がるのでOPで出てくるような腰を落とした撃ち方も再現出来ます。
P00_2052
膝立ちも自然。基本葉巻を咥えてるので叫び顔はいいとしても歯を食いしばってる表情くらいはアクション用に欲しかったかも。
P00_2043
ちなみに口には葉巻用の穴が開いており外すと無残なことになるので常に咥えた状態で固定。
P00_2058
ちゃんとしたエフェクトはレディーに付くそうですがとりあえずロックマンので代用。
P00_1932
サイコガンは精神力の大きさによって威力が変わるそうなのでどでかいエフェクトを使ったりするのもアリ。
P00_1944
サイコガンが効かない相手には奥の手ロケットパンチ。
figma コブラ レビュー
終わり。以上、figma コブラのレビューでした。

顔は外国人っぽいような彫りの深さが強調されてる感じで原作とは少し異なる雰囲気ですが、これはこれで今風な感じでカッコ良く、衣装もシンプルながら筋肉の造形や陰影など丁寧でサイコガンも色形ともに原作のイメージ通りで良い出来でした。
可動も体型がそんなに筋肉質でないこともあってサイコガンに手をそえる動きなども楽に再現出来たり、別表情は出来れば付けて欲しかったものの目線を動かせるのでそこまでの不満はなかったです。
何故今コブラなのかは謎ですが相棒のレディーも決まってるので原作でも1番因縁の深かったクリスタルボーイなんかも戦わせる相手として出して欲しいところです。




figma COBRA THE SPACE PIRATE コブラ
figma COBRA THE SPACE PIRATE レディ
figma 映画「ベルセルク」 ガッツ 鷹の団ver.(あみあみ)