HG ブルーフレーム セカンドL レビュー
HG ガンダムアストレイブルーフレーム セカンドLのレビューです。
P00_3476P00_3474
全身。完全新規なだけあってプロポーションや色分けなどは良好。ただデザインが複雑すぎることもあってシールは結構多め。
P00_3486
顔。目やメインカメラ、頬のオレンジなどはシール。マスク周りやアンテナの形など他のガンダムに比べてもかなり特殊。
P00_3491P00_3489
額部分が大きいので正面からだと目が見えにくかったり癖のあるデザインですが顔自体はなかなかのカッコ良さだと思います。
P00_3249
各部位など。上部の小さい青はシールですがそこ以外はきっちり色分けされてて見栄え良好。
P00_3253
腰回り。こちらも前部の青などパーツ分けで再現。新規なので最近のキット同様股関節の軸も可動するタイプ。
P00_3256
サイドにはアーマーシュナイダー。
P00_3260
そのまま抜刀して手持ち可能。
P00_3493P00_3230
腕や足。肩や二の腕はシールが多いですが脚部の色分けはパーツで再現。脛部分の構成なんかも見事。
P00_3263
つま先にもアーマーシュナイダー。足裏の位置を付け替えることによって展開可能。
P00_3342
背部にはタクティカルアームズ フライトフォーム。後ろへ出っ張ってるので自立はちょっと厳しめ。
P00_3269
可動は完全新規なだけあって最近のキットにも引けをとらない出来。
P00_3206
オプション。
P00_3526
マーキングシール。
P00_3397
タクティカルアームズ ソードフォーム。かなりの大きさなので片手持ちは厳しめ。専用の支え台が付属。
P00_3395P00_3391
タクティカルアームズ ガトリングフォーム。こちらは刃部分が地につくので安定して構えられます。
P00_3483
同じアストレイでもM1とはほとんど別物。
P00_3296
適当に何枚か。
P00_3316
可動は完全新規だけあって昔の最近のAGEシリーズなどに近い感じで背負いものがあっても膝立ちも自然に。
P00_3324
つま先から刃という武器はよくありますが個人的にはこれを見るとBOYという漫画を思い出したり。
P00_3355
ガトリング。支えの先は尖ってますが特に滑ったりすることはなく安定してました。
P00_3381
銃身自体はわりと小さめですが全体のボリュームはかなりのものでなかなかの迫力。
P00_3508
ソードフォーム。ソードは相当重量ありますが肩に担ぐなりすれば一応片手持ちすることも。
P00_3516
突進。両手持ちなら補助のスタンド無しでもちゃんと構えることが。
HG ブルーフレーム セカンドL レビュー
終わり。以上、HG ガンダムアストレイブルーフレーム セカンドLのレビューでした。

デザインが複雑すぎるのでシールの量も結構ありましたが、完全新規なだけあって色分けは最近のAGEシリーズなどに引けをとらないレベルでかなり細かく、またHGながら合わせ目もほとんど目立たない見栄えの良い作りになってました。
関節なども最近のキットに準じた構造になってるので肩周りや股関節、接地性など柔軟に動き、またメイン武器のタクティカルアームズもHGながらギミックもしっかりしておりプレイバリューも申し分なかったです。
今回と同じくオプションやギミックなどに力の入ったレッドフレームも8月には出るのが決まってるので、続けてゴールドフレーム天ミナなんかも出して欲しいところです(9月に出る予定だそうです(拍手より))。

MG アナベル・ガトー専用ザクII Ver.2.0、HGUC ガトー専用ゲルググなど(プレミアムバンダイ)



HG 1/144 ガンダムアストレイブルーフレーム セカンドL
HG 1/144 ガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)
HGUC 1/144 ガーベラ・テトラ(あみあみ)