フィギュアーツ X レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーXのレビューです。
P00_4960P00_4964
全身。昭和ライダーらしいあっさりしたデザイン。プロポーションや関節など基本的な作りは他の昭和系と同じでした。
P00_4987
顔。たれ目気味な複眼やガンダムのような真っ直ぐなV字触角などなかなか個性的な顔立ち。
P00_4981P00_4975
複眼は色が薄めのクリアパーツで美しく、マスク周りの塗装なども綺麗に仕上がってて見栄え良かったです。、
P00_4991
各部位など。マフラーはライダーマンなどと同じく前に垂れた形。腹に隙間が出やすいのがちょっと気になるかも。
P00_4997
腰回り。ベルトもクリアパーツ。右側のグリップは取り外し可能。
P00_4967P00_4971
腕や足。この辺は1本ラインが入っただけのシンプルなデザイン。最近の昭和ライダー同様二の腕ロールもあり。
P00_4955
オプション。
P00_5010
マフラーはいつも通りなびいた状態の物も付属。
P00_5014
ライドルホイップ。先端などかなりシャープな作り。
P00_5018
ライドルスティック。
P00_5023
ロングポール。かなりの長さですが細くて重量はほとんどないので片手でも余裕で持てます。
P00_5021
スティックとポールは片側のグリップを外すことが出来ボタン付きの物に交換可能。
P00_5028
ライドロープ。こちらは軟質素材で自由に動きをつけることが。
P00_5001
これで栄光の7人ライダーが勢揃い。色などもそれぞれ個性的なので並べると非常に華やか。
P00_5038
適当に何枚か。
P00_5057
関節の構造などはこれまでと変わらないので可動も大体同じ。
P00_5067
胸部と腹の装甲は軟質素材になってるので腰を捻るような動きも楽に。
P00_5170
ただ足首も相変わらずの一軸BJなので接地性はいまいち。
P00_5169
手首は非常に豊富なので様々な表情つけが可能。
P00_5164
ロングポールはかなりの長さで迫力ありますが細いので両手持ちした時など折らないよう注意した方が良さそう。
P00_5126
ライドロープも凄い長さですがここまで長いとちょっと持て余す感も。
P00_5110
反動をつけてジャンプ。
P00_5145
ゲームなんかでは真空地獄車が決め技になってましたがそっちはアポロガイストが出た時にでも。
SHF X レビュー
最後は1号からエフェクトを借りたキックで終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーXのレビューでした。

最初に新1号が出た時から考えると2年近くもかかりましたがこれでようやく栄光の7人ライダーが勢揃い。
出来の方はいつも通り足首だけは惜しいもののスーパー1やライダーマン同様二の腕ロールがあり、胸部装甲も軟質素材になってるなど可動に配慮された作りになってて遊びやすく、オプションも豊富でほぼ文句なしの内容でした。
昭和ライダーもほぼ揃ってきたからかショッカー隊員やアポロガイストなど今後は敵キャラも増えていきそうな感じなのでそちらにも期待です。

S.H.フィギュアーツ アポロガイスト、スカイライダー(強化前)、仮面ライダーシザースなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーX
S.H.Figuarts アイアンマン マーク6
【初回封入特典付】 S.H.フィギュアーツ セーラームーン(あみあみ)