フィギュアーツ ウォーマシン レビュー
S.H.フィギュアーツ ウォーマシンのレビューです。
P00_6450P00_6456
全身。アイアンマンとは対照的なシックな色使いですが塗装の気合の入り方は共通で重厚感ある質感など見事に再現。
P00_6477
顔。こちらはほぼ映画そのままの顔立ちで目に色もあり口部分も塗装されてるのでアイアンマンと違い文句無しの出来。
P00_6476P00_6472
目はメタリック塗装で角度や光の加減で色が変化。内部はちゃんと縁取りもされてました。
P00_6482
各部位など。胸のアークリアクターはクリアパーツ。所々マーキングも入って高級感のある仕上がり。
P00_6485
腰回り。メタリック塗装はアイアンマンと同じですがそちらでは強い光沢だったのに対しこちらはマットな仕上げに。
P00_6459P00_6467
腕や足。マーキングなど含めディテールが細かく再現され脚部はリボルテックより太長くなり体型のバランスも違った感じに。
P00_6490
マーキング各種。
P00_6491
リボルテックでは白で目立ってましたがこちらでは銀色で線も細く控えめな印象でした。
P00_6498
両腕には取り外し可能なマシンガン。
P00_6521
ふくらはぎのエアーフラップは可動式。
P00_6496
背中にはガトリング砲。給弾ベルトは軟質素材でアームは4箇所動きフレキシブルに可動。
P00_6449
オプション。
P00_6506
ガトリング砲、
P00_6510
マシンガンにはそれぞれエフェクトが付属。
P00_6517
肩部キャノン。肩パーツと差し替えで展開。向きは変えられませんが基部が可動し角度の調節は可能。
P00_6512
不発に終わった別れた妻まで付属。こちらも角度調節可。この2つはリボルテックにも付いてなかったので有難かったです。
P00_6546
続いて飛行モード。ふくらはぎに小さい物が付きますが、アイアンマンと違って手のエフェクトがないのでちょっと地味。
P00_6550
背中のエアーフラップはアイアンマンのように差し替えるのではなく可動で展開。
P00_6553
ふくらはぎの方は差し替え用パーツと専用のエフェクトが付属。足用エフェクトはアイアンマンと共通でした。
P00_6501
サイズはリボルテックとほぼ同じですが体型などはより自然に。同じSHFのアイアンマンと並べると少し大きめでした。
P00_6590
適当に何枚か。
P00_6602
足が重すぎて浮かせにくいのはアイアンマンと同じ。股関節はSR超合金みたいなネジを閉められる作りの方が良かった気が。
P00_6690
平手を曲げにくいのも共通。なので指を揃えた平手はどちらかというと敬礼用に。
P00_6671
関節の構造もアイアンマンと同じなので可動範囲もほぼ変わらず。接地性など非常に高く安定してました。
P00_6651
肩キャノンを付けると首周りは少し窮屈に。装備やエフェクトが多いので色々付けるとアイアンマン以上に派手な見た目に。
P00_6654
膝立ちも余裕。ガトリングはアームを動かせば反対側から撃つことも出来ます。
P00_6681
別れた妻で吹っ飛ばす。
P00_6698
アイアンマンと。質感は対照的ですがともに高級感ある仕上がりで統一感はあり。
P00_6709
可動はリボルテックも良かったですがSHFだと角度など微調整しやすいので絡ませるのも楽。
P00_6763
最後は共闘で。
SHF ウォーマシン レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ ウォーマシンのレビューでした。

足が重すぎるせいで腰や股関節が緩く感じたり手首が曲げにくかったりといった欠点はアイアンマンと同じでしたが、こちらは顔の出来や美しい塗装と質感、緻密なマーキングなど見た目に関しては完璧といっていい出来に仕上がってました。
可動範囲もアイアンマン同様非常に広く地に足をつけて遊ぶ分には不自由なく、肩キャノンや別れた妻などリボルテックにも付かなかった武装も付属しエフェクトの色形なども綺麗で適当に武器を構えさせるだけでも非常にカッコ良かったです。
フィギュアーツのアイアンマンは単発なのかシリーズ展開していく予定なのかはわかりませんが股関節と手首さえ良くなればほぼ隙のない出来になると思うのでマーク42やパトリオットなどにも期待したいところです。

S.H.フィギュアーツ 金色の闇(トランスホワイトver.)、仮面ライダーストロンガー(チャージアップ)など(魂ウェブ商店)



S.H.Figuarts ウォーマシン
S.H.Figuarts アイアンマン マーク6
特撮リボルテック No.045 アイアンマン マークI(あみあみ)