リボルテック 不動明王 レビュー
リボルテックタケヤ 不動明王のレビューです。
P00_7269P00_7272
全身。基本的な作りや造形塗装はこれまでの仏像シリーズと共通。体型や衣装はあまり癖がなくあっさりめな印象。
P00_7290
顔。口を固く結んで片目が瞑りかけみたいな独特な表情。髪も前髪を垂らしたパンチパーマみたいでインパクトあります。
P00_7286P00_7283
この目は天地眼と言うそうですがこの顔を見ると山崎努の真似をする山崎邦正に見えるような…
P00_7291
頭には飾りみたいな物が。なおこれの位置は多少個体差あったようでした。
P00_7294
各部位など。筋肉質ですが腹はちょっとだらしない感じに。首の飾りや肩にかけてる布は別パーツ。
P00_7299
腰回り。腰布も別パーツですが太腿の布は接着されてました。
P00_7274P00_7279
腕や足。この辺は細身で装飾なども少なく地味め。腕輪と足輪は別パーツ。
P00_7529
腰布の後ろ側は3箇所がリボジョイントで可動。
P00_7258
オプション。他にいつものベースも付属。
P00_7261P00_7266
今回は飾り台がかなり特殊な形になり迦楼羅焔という燃え盛る炎のようなパーツが追加。
P00_7309
迦楼羅焔は取り外し可能で普通の台として飾ることも出来ます。
P00_7315P00_7318
台座に乗せ剣と縄を持った状態。本体は地味めですが迦楼羅焔のおかげでこれまでのどれよりも派手に。
P00_7304
剣。持ち手のサイズもぴったりで保持は安定。
P00_7307
縄。こちらは軟質素材ということもあってかいまいち奥まで差し込みにくく外れやすかったです。
P00_7385
他に左右がくっついた印を結んだ状態の手首も付属。
P00_7322
本体のサイズは十一面観音より少し小さめですが飾り台まで含めれば今回の方が大きめでした。
P00_7345
適当に何枚か。
P00_7365
後ろの炎はオーラのようにも見え腰布の後ろを上げれば気を溜めてるような感じにも。
P00_7514
ただ炎はわりと本体に密着した位置にあるので付けたままだとある程度動きは制限。
P00_7487
完璧とまではいかないもののあぐらもかけるので座りポーズにすることも。ただ炎は腰布と干渉するので後ろへずらしてます。
P00_7472
身にまとっている物が少ないので可動も良好。
P00_7452
肘や膝などもよく曲がりタケヤシリーズですが普通のリボと変わらないくらいでした。
P00_7449
接地性も高く後ろの腰布を支えとして使ったりも出来るので安定感もバッチリ。
P00_7503
このシリーズの武器は細かったり小さい物が多いですが今回の剣はボリュームがあり色も派手なので見栄えも良かったです。
P00_7384
俺は怒ったぞ-!十一面観音ー!
P00_7394
はーっ!
P00_7431
ぐさっとカンチョーを決めて。
リボルテック 不動明王 レビュー
終わり。以上、リボルテックタケヤ 不動明王のレビューでした。

造形塗装の緻密さなどはいつも通りですが、今回は片目を瞑りかけた表情やパンチパーマみたいな頭など顔がかなりインパクトのある感じでこれまでとはまた違った迫力のある仏像に仕上がってました。
可動も大体の衣装が別パーツなので干渉する部分が少なく体型も腹以外は比較的細身なので動かしやすく、また今回は剣や縄、組んだ手などオプションも多めで特殊な飾り台も付いてるなど遊び、ディスプレイの両面でも満足度高かったです。
次は軍荼利明王ということで8本腕などまたこれまでにない特殊な物になってるみたいなのでそちらにも期待です。




リボルテックタケヤ No.014 不動明王
リボルテックタケヤ No.015 軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)
特撮リボルテック No.020 骸骨剣士 2nd Ver.(あみあみ)