ロボット魂 ビランビー レビュー
ROBOT魂 ビランビーのレビューです。
P00_8683P00_8687
全身。大まかな意匠はダンバインなどと似てますが敵メカだけあって色形ともに仰々しい出で立ちに。
P00_8363
顔。頬部分がぶよっとした感じの不気味な顔立ち。目は奥まってるので正面からだと見えず。
P00_8354P00_8349
ABは昆虫っぽい物が多いですが今回は目や口の形、頭にはヒレみたいなのが付いてるせいか魚みたいに見えます。
P00_8365
各部位など。コックピットはいつも通りクリアパーツですが色が濃いのであまり透明感はなし。
P00_8376
開閉ギミックもダンバインなどと共通。
P00_8369
腰回り。股間にも口があるみたいでちょっと卑猥。質感はいつも通り良好でした。
P00_8343P00_8347
腕や足。尖った肩や大きいクロ-が敵メカっぽい印象。爪が可動する足の作りなどもダンバインなどと共通。
P00_8377
オーラコンバーターは可動式。ただダンバインと違って左右に開くことは出来ず。右側にはオーラソードを装備。
P00_8413
基部がBJになった大小の羽もいつも通り付属。取り付けはこれまでよりやりやすくなってるようでした。
P00_8325
オプション。
P00_8406
オーラソード。機体が大きので剣もこれまでよりだいぶ大きめ。
P00_8408
なのでエフェクトの使い回しは不可。ただ傷が付くリスクがありますがちょっとだけ被せて使うくらいなら出来ないことも。
P00_8390
4連装オーラショット。
P00_8397
グリップに指をかけた専用の持ち手が付属。
P00_8401
5連装ミサイルランチャー。こちらは2個付くので両手に装備することもできます。
P00_8424
羽を広げて剣を抜きミサイルランチャーを装備した状態。
P00_8388
サイズはダンバインよりかなり大きめ。設定は知りませんが劇中ではここまでの差はなかったのでちょっと違和感が。
P00_8427
適当に何枚か。
P00_8479
サイズは違いますが関節の構造はほぼ同じなので可動範囲や癖もダンバインなどと大体同じ。
P00_8481
肩や股関節、肘膝など全体的によく動き、腰も可動部位は増えてるんですがどうしても反ってしまいやすくそこだけはいまいち。
P00_8564
あと今回は首周りが襟っぽくなってるので多少窮屈に。左の剣持ち手はつかないですが両手持ちは何とか。
P00_8497
ただダンバインと違ってスタンド穴が腰にあり、いまいち奥まで差しにくく重量もあるのでやたら外れやすい点は厄介でした。
P00_8516
うろ覚えですが4連装オーラショットはガラリアが一時的に乗った時くらいしか使ってなかったような。
P00_8510
大抵はこちらのミサイルランチャーを装備してた印象。
P00_8673
こっちもあんまり印象ないですがミサイルランチャー両手装備も再現可能。
P00_8556
キック。あと腰がもっと綺麗に回るようになれば更に遊びやすくなりそうなので今後更に改善されたらいいんですが。
P00_8624
膝立ちでのコックピット開閉なんかもいつも通り。
P00_8657
アタックアタックアタック~♪バーンが乗ってた時はエース機っぽかったですが 中盤からは若本専用機みたいな感じに。
P00_8653
マーベルやニー相手には押してましたがショウ相手だと大体やられて腕を切り落とされてた印象が。
ロボット魂 ビランビー レビュー
一矢報いかけた1枚で終わり。以上、ROBOT魂 ビランビーのレビューでした。

SIDE ABでは初のちゃんとした敵機体ですが不気味な顔立ちや各部の仰々しいデザインなどきっちり再現され、またプロポーションなどは今風に洗練されたこともあり元のアニメでの印象以上にカッコ良く仕上がってました。
相変わらず腰の可動に癖があるのと今回スタンドが外れやすかった点だけは惜しかったものの基本的な可動などはこれまで通り安定した出来で、ダンバインを持ってる人なら戦わせて遊べたりも出来ますし満足度の高い内容になってると思います。
登場順だと次はドラムロ、バストールあたりになりそうですが、イベントではズワァースが展示されてたそうなので次は何が来るのかも気になるところです。

ROBOT魂 グルーン、エルガイム(最終決戦仕様)、ガンダムMk-V、シェンロンガンダムなど(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE AB〉ビランビー

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE AS〉 Plan1055 ベリアル

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE AS〉フルメタル・パニック!アナザー Rk-02 セプター(三条菊乃機)(あみあみ)