アルター ラウラ メイド レビュー
アルター ラウラ・ボーデヴィッヒ メイドVer.のレビューです。
P00_8892P00_8896
全身。シャルはジャージでしたがこちらはメイド服での立体化。髪の色が落ち着いた感じなので全体的にシックな色合い。
P00_8900P00_8903
流石アルターなだけあってメイド服は細部まで作り込まれており塗装の丁寧さなども超一級。
P00_8909P00_8913
眼帯を外して左腕を銃用に交換した状態。今回交換用パーツが多数付属し色んな状態で飾ることが。
P00_8929P00_8924
髪をアップにした頭部と照れ顔の表情パーツに交換した状態。左から見るとスカートが大きくめくれあがっててセクシー。
P00_8917P00_8919
眼帯を外して銃に持ち替え。元々のポーズのおかげかどの組み合わせでもあまり違和感を感じることはなかったです。
P00_8940
顔。原型はシャルと同じ人なので今回も元絵の再現度などは完璧。
P00_8937P00_8933
アイプリや口の塗装、頭の飾りなどいたるところまで細かく作り込まれてました。
P00_8943
眼帯を外して。金色の左目は劇中通り発光してるような迫力ある感じに再現。
P00_8950
なお眼帯パーツの着脱は一旦前髪を外す必要あり。素材的に色移りの心配もあまりなさそう。
P00_8957
別頭部別表情に交換。
P00_8964P00_8961
下唇を噛んだような照れの表情が上手く再現されててこちらも文句無しの出来。
P00_8951
眼帯の着脱ギミックも変わらず。
P00_8956
左目の色なども同じでした。
P00_8971
髪と表情はちゃんと別個になってるので髪を下ろしたまま照れ顔にしたり、
P00_8969
その逆も可。眼帯もあるので組み合わせの数はかなり多め。
P00_8973
各部位など。フリルやリボンなどはアルターらしい非常に緻密な造形。青っぽいシャドーも綺麗。
P00_9005
左手にはトレイとティーセット。接着はされておらずただ乗せてるだけなので位置は調節出来ます。
P00_9007
下側。爪のマニキュアもきっちり。
P00_8996
左腕はハンドガン用の物に交換可能。ハンドガンも小さめながらリアルに作られてました。
P00_9000
銃身のスライドやマガジンの着脱ギミックまであり。
P00_8977
スカートは黒に近い茶色。エプロンのフリルなどは胸の部分同様一切手抜きのない作り。
P00_8982
左側はスカートがめくれ上がってるので少し下から見るだけで簡単に中が覗けます。
P00_8987
パンツはリボン付きの縞。スジ造形もあり。
P00_9143
お尻もかなり肉感的な造形になっておりスカートの着脱が出来ないのが残念なほどの作りこみでした。
P00_8988
右足太腿にはちゃんと待機状態のシュバルツァ・レーゲンも。
P00_8993
靴。
P00_9139
台座は名前とタイトルが入っただけのシンプルな作り。サイズが小さいのが地味に有難いです。
P00_9016
1つ前のシャルと。衣装は全然違いますがスケールはぴったり。
P00_9024
適当に何枚か。
P00_9055

P00_9088

P00_9060

P00_9070

P00_9078

P00_9094

P00_9115

P00_9134

アルター ラウラ レビュー
終わり。以上、アルター ラウラ・ボーデヴィッヒ メイドVer.のレビューでした。

前回のシャルも見事な出来でしたが今回のラウラはメイド服ということでエプロンやスカートのフリルなどアルターらしい緻密な造形と丁寧な塗装が存分に生かされておりどこから見ても非常に飾り栄えのする仕上がりになってました。
顔の出来も通常顔、別表情ともに完璧で髪型の異なる別頭部や眼帯もあるので組み合わせの幅も広く、また異常にギミックの凝ったハンドガンなども付属し隅々までこだわった作りで一切不満な所がなかったです。
このサイズにしては値段は結構高めですが出来に関しては完璧なのでラウラが好きな人はもちろん単純にメイド服フィギュアが好きという人なんかにもオススメです。




IS〈インフィニット・ストラトス〉 ラウラ・ボーデヴィッヒ メイドVer.

アルター Fate/hollow ataraxia セイバーオルタ 水着Ver.

アルター 境界線上のホライゾン 鹿角(あみあみ)