ロボット魂 アモンデュール レビュー
ROBOT魂 アモン・デュール“スタック”のレビューです。
P00_9157P00_9153
全身。基本的にはMk-2のリデコですが頭部や肩、脚部など新造部分も多め。色が全く違うので印象はだいぶ異なります。
P00_9177
顔。mk-2とは全く異なる形で正面から見るとどことなくアマンダラ・カマンダラっぽく見えたり。
P00_9172P00_9169
バイザー部分は真っ黒。目がメタリック塗装になってる物が多いROBOT魂の中ではかなり地味な見た目に。
P00_9181
各部位など。胴体はmk-2と共通で違いは色のみ。
P00_9186
腰回り。この辺も変わらず。
P00_9162P00_9166
腕や足。肩や太腿、脛などは改修時に手が加えられた部分のようでmk-2よりだいぶシンプルになってます。
P00_9197P00_9190
シールドもこちらでは可動部位のない板みたいな形に。背部ブースターは変わりなし。
P00_9148
オプション。
P00_9201
ハンドランチャー。
P00_9205
パワーランチャー。ケーブルのリード線は最近の仕様に合わせられてるのでmk-2よりかなり硬めになってました。
P00_9214
バスターランチャー。こちらもケーブルは硬め。
P00_9318
変形してランドブースター、プローラーへ。変形ギミックも特に変わらず。
P00_9321
あちこち固定するジョイントがついてるので安定感は変形前より上。
P00_9327
横から。左にシールド、右にバスターランチャーを装備。
P00_9329
裏側。スタンドの取り付け方なども同じ。
P00_9341
シールドを両肩につけてバスターランチャーを中央に付けた状態にすることも。
P00_9342
裏側。
P00_9206
サイズは当然ですがエルガイムmk-2とぴったり同じでした。
P00_9337
適当に何枚か。
P00_9300
劇中ではほとんど未使用ですが武装はmk-2と同じ物が一通り付属。
P00_9277
可動もmk-2と変わらず。ただかなり前に出たmk-2に比べ関節の硬さは調整されてるのである程度動かしやすくなってます。
P00_9316
巨体が引っかかってもたついてる所に頭部破壊パンチ。mk-2の方が格好良いのである意味壊されて良かったかも。
P00_9261
バスターランチャーは相変わらず迫力ありますがこれを構えさせるにはまだ股関節が緩めなようで股が開きやすいのが厄介。
P00_9232
スタックの話は新主人公機登場というよりギャブレーの使えなさを際立たせるエピソードになってたような…
P00_9265
最後はダッシュからの変形で。
ROBOT魂 スタック レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 アモン・デュール“スタック”のレビューでした。

基本的にエルガイムmk-2のリデコなので一部関節が調整されてるなど遊びやすくはなってたものの可動や変形ギミック、オプションなどは共通なので出来に関してもほぼ同じでした。
ただ元々のエルガイムmk-2が今見ても最近のものに見劣りしないカッコ良さでギミック面なども完成度の高い作りだったこともあり、出番の少ない機体ではあるものの満足度は高かったです。
次の新機体はグルーンということでちゃんと新規造形の物も続いていくようなのでオージやアトールなど他のエース級の機体も増えていって欲しいところです。

ROBOT魂 グルーン、エルガイム(最終決戦仕様)、ガンダムMk-V、シェンロンガンダムなど(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE AS〉 フルメタル・パニック! ARX-8 レーバテイン(再販)
ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE AS〉 Plan1055 ベリアル

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE AS〉フルメタル・パニック!アナザー Rk-02 セプター(三条菊乃機)(あみあみ)