HGUC メッサーラ
HGUC メッサーラのレビューです。
P00_9730P00_9734
全身。一目で可変MSとわかるような独特な体型。本体自体大きめですが更にスラスターもあるのでかなりのボリューム感に。
P00_9763P00_9767
見本の写真ではスラスターは下にずれた状態がほとんどでどっちが正しいのかいまいちわからないのでずらした写真も一応。
P00_9751
顔。頭部は胸部に埋まったような形状で首はなし。なので向きや角度は完全に固定。
P00_9746P00_9743
モノアイや額の黄色などは全てシールで再現。額の黄色が小さくて貼りにくいのが厄介。
P00_9755
各部位など。胴体も腰が無い独特な形。変形後に機首になる部分の黄色やピンクもシール。
P00_9739P00_9741
腕や足。色々武装が内蔵されてるので腕はごつめ。足も頭のちょっと下くらいから生えてる形なのでかなり長いです。
P00_9757
肩のミサイルポッドは差し替えなしで展開。
P00_9759
連装スラスターは基部が可動式で向きや角度など調節可能。
P00_9786
可動は頭と腰が動かないのでポーズはある程度限定されますが肩肘膝など動く部分はわりと柔軟。
P00_9725
オプション。
P00_9792
支柱がアクションベース2と同じ専用のスタンドも付属。取り付け部も専用の形なので今回は股間の3mm穴はなし。
P00_9795
完全に今回専用のベースのようで裏側には余剰パーツを取り付け可能。
P00_9800
あまった方のクロ-やサーベル刃まで。
P00_9790
展開状態の腕部クロー。基部はBJで長い爪の中央部は可動。差し替えだけあってサイズも大きくなかなかの迫力。
P00_9908
続いて変形。まず両腕を外し胴体を下方にスライド。
P00_9912
背部パーツをスラスターごと前に展開し変形用腕ジョイントを取り付けて固定。
P00_9916
足を後方にたたみ、太腿裏の穴を腕ジョイントのダボに接続。
P00_9920
腕は一旦バラして手首を外しクローの取り付け位置を変更。
P00_9924
スラスターの窪みにはめこみジョイントと接続して完成。
P00_9928
MA形態。スラスターや脚部が中央にまとまってMS時よりコンパクトな感じに。
P00_9929
バーニアが大型なので後ろから見てもなかなかの迫力。ただ内側の赤が色分けされておらずシールもないのはちょっと残念。
P00_9935
横から。一応足はもっと深く曲げて薄い形にすることも可。
P00_9938
裏側。頭部は表にあるので裏から見てもあまり違和感などもなし。
P00_9781
mk2と並べると初登場時のシーンほどではないもののかなりのサイズ差があります。
P00_9945
適当に何枚か。
P00_9941
可変MSは変形後は薄くなる機体が多いですがこのメッサーラは変形後でもいかにもボス級の敵といった感じの存在感が。
P00_9807
変形。頭部と腰は固定ですが他はよく動くのでポーズの幅もそこそこ。
P00_9820
ミサイル。ただどうせ立体化するなら首は引き出し式で可動するとかだった方がよりプレイバリューは高かったかも。
P00_9843
クローも差し替えのおかげでサイズが大きくなかなかの迫力。
P00_9862
サーベル刃も本体に見合った大きめサイズに。
P00_9892
メッサーラと言えば昔セガサターンのZのゲームで前半のラスボスとして出てきて異様に強かった思い出が…
HGUC メッサーラ レビュー
終わり。以上、HGUC メッサーラのレビューでした。

細かい部分はシール頼りなもののおおまかな色分けは出来ており異形の本体もバランス良く再現され、大きな連装スラスターなども迫力十分でかなりのカッコ良さに仕上がってました。
可動も頭部と胴体が一体化してて腰もないのでちょっと癖はありますが関節のある部分はしっかり動き、変形も差し替え用のパーツを使うおかげで安定感がありコンパクトにまとまる点なんかも良かったです。
この前のハンブラビに続きようやくメッサーラも出たことでティターンズの可変機もあとはバウンドドックのみなのでそちらもそろそろ出して欲しいところです。

HGUC ガトー専用ゲルググ、MG アナベル・ガトー専用ザクII Ver.2.0、など(プレミアムバンダイ)



HGUC 1/144 メッサーラ

HGUC 1/144 ドーベン・ウルフ(ユニコーンVer.)

HGUC 1/144 ガーベラ・テトラ(あみあみ)