HGUC 89式 ベースジャバー レビュー
HGUC 89式 ベースジャバーのレビューです。
P00_9965
全体。ベースジャバーは以前地上用が出てましたが今回は89式ということで色形ともに全く異なる完全新規に。
P00_9967
裏側。プロペラントタンクがついてるので今回はかなり分厚い形に。中央にはアクションベース1差し込み用の穴。
P00_9972
横から。ランディングギアがあるので地に付けた状態で飾っておくことが。
P00_9979
機首。コックピットの黄色部分や周辺の白いラインはシール。
P00_9984
サイドは複雑なデザインですがしっかりパーツ分けされてるので見栄え良好。
P00_9985
グリップは固定。以前の物はメガ粒子砲が付いてましたがこちらではそういった武装はなし。
P00_9988
フットレストは前後にスライド可能。
P00_9992
機首裏側。
P00_9958
オプション。裏面用のグリップとMS搭載用ジョイント2種。
P00_0003
MSを乗せる時は本体中央部をジョイントパーツに付け替えMSの股間のスタンド穴に差して固定。
P00_0001
裏面。こちらはアクションベースとMS用の差し込みが一体になっておりプロペラントタンクを外し裏用用グリップと一緒に使用。
P00_0009
アクションベース1は側面のパーツを外してそちらに差すことも。ただアクションベース1付属の差し込みパーツが必要に。
P00_0013
乗せた状態。奥行きがあまりなくフットレストに綺麗に足を乗せにくいですがジョイントがしっかりしてるので姿勢は安定。
P00_0017
両面に乗せた状態。裏もジョイントでしっかり固定されるのでこの状態でも安定してますが見た目的にちょっと怖い感が。
P00_0011
地上用と並べてみるとプロペラントタンクの分厚みはありますが幅はだいぶスリムに。
P00_0037
適当に何枚か。
P00_0079
グリップとフットレストはあまり当てにならないですがジョイントがしっかりしてるので不意に落ちたりはほぼ無さそう。
P00_0039
地上用は2人乗り出来るくらい広々してましたがこちらは完全1人用なので上で立たせたりするのには狭め。
P00_0021
両面に乗っけて。劇中で実際こういう使われ方をすることがあるのかは謎。
P00_0052
最後は、出てきやがれユニコーン!!で、
HGUC 89式 レビュー
終わり。以上、HGUC 89式 ベースジャバーのレビューでした。

以前の物に比べてだいぶスリムになってるので2体同時に乗せて戦わせたりみたいな遊びは出来なくなってるものの大型のプロペラントタンクが付いてより乗り物らしくなっておりこちらもなかなかカッコ良かったです。
MSを乗せる以外の用途は特にないですが両面に搭載できる点などは変わったディスプレイが出来る面白いギミックでした。
5話で目立ちまくってた地上用に比べると地味な扱いでしたが、値段も安いですしジェスタやジェスタキャノンを劇中のように臨場感ある雰囲気で飾りたいという人にはなかなかオススメだと思います。

HGUC ガトー専用ゲルググ、MG アナベル・ガトー専用ザクII Ver.2.0、など(プレミアムバンダイ)



HGUC 1/144 89式ベースジャバー

HG 1/144 ガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)

MG 1/100 ガンダムAGE-2 ダブルバレット(あみあみ)