フィギュアーツZERO ゴムゴムの火拳銃 レビュー
フィギュアーツZERO モンキー・D・ルフィ -Battle Ver. ゴムゴムの火拳銃-のレビューです。
P00_0905P00_0900
全身。派手な動きとエフェクトで通常の物に比べるとボリュームありますが本体の位置は低めでそんなに嵩張る感はなし。
P00_0906P00_0911
本体は最近のZEROらしく造形塗装ともに安定の出来で肌や衣装のテカリなども一切なかったです。
P00_0919P00_0915
エフェクトも造形など細かく色も部位によって異なるので全体的にかなり派手な見た目に仕上がってました。
P00_0929
顔。ルフィは1番数が出てることもあってか再現度はほぼ完璧なレベルで気になるような所は全くなし。
P00_0924P00_0926
眉間の皺や食いしばった歯など表情も上手く再現されてて原作のイメージ通りでした。
P00_0940
麦わら帽子の質感などもリアル。
P00_0936
体も細かくシャドーが吹かれてて安っぽさなどは一切無く筋肉の造形も自然。
P00_0949
右手には炎のエフェクト。拳に向かうほど濃くなっていく炎がグラデで綺麗に再現されてました。
P00_0946
ハーフデニムのしわのつき方なども自然。
P00_0951
普通に見る分にはあまり目に付かない部分ですがシャツが捲れて見えてる背中なんかも手抜きなし。
P00_0954
背中側のエフェクトは煙を再現した白ですがパール仕上げになっててこちらも高級感のある見た目に。
P00_0957
造形も非常に凝っており煙っぽさを出すために所々黄色くなってたりする辺りも細かいです。
P00_0961
足の方は水を再現。こちらも本体の動きに合わせ形状になっており他同様グラデ塗装なども丁寧。
P00_1036
台座。乙もの名前と台詞に加え今回は擬音も追加。
P00_0966
ポーズ的に小さく見えますがスケールは通常のルフィと同じでした。
P00_0973
適当に何枚か。
P00_0994

P00_1002

P00_1009

P00_1018

フィギュアーツZERO レッドホーク レビュー
終わり。以上、フィギュアーツZERO モンキー・D・ルフィ -Battle Ver. ゴムゴムの火拳銃-のレビューでした。

ルフィはフィギュアーツZEROの中でも1番数が多く出てるだけあって表情なども含め顔の再現度はもうほぼ完璧といっていいレベルで肌や衣装のつや消しなどもしっかりしてて見栄え良く非常によく出来てました。
エフェクトも炎や煙など部位によって色形などしっかり作り分けが出来ており造形やグラデ塗装なども細かく本体との一体感も文句なしで全体的に完成度高かったです。
Battle Ver.はこれまで新世界編以前のキャラが多くて個人的にちょっといまいちだったんですが、次はゾロの煉獄鬼斬りが出るなどこれからはキャラも新しくなっていくようなので今後のラインナップも期待です。

フィギュアーツZERO FILM Z 青雉、ナミ、ボア・ハンコック&サロメ -わらわは黄金も似合うのじゃVer.-など(魂ウェブ商店)



フィギュアーツZERO ワンピース モンキー・D・ルフィ -Battle Ver. ゴムゴムの火拳銃-

フィギュアーツZERO ワンピース ホーディ・ジョーンズ

フィギュアーツZERO ロロノア・ゾロ -Battle Ver. 煉獄鬼斬り-(あみあみ)