ヴァリアブルアクション ラーゼフォン レビュー
ヴァリアブルアクション ハイスペック ラーゼフォンのレビューです。
P00_1308P00_1312
全身。プロポーションなどアニメの印象そのままで白の質感なども全塗装だけあって非常に綺麗。
P00_1342
頭部には大きな羽。基部は軸可動し角度を調節出来ます。
P00_1329
顔。アップだとマスクの塗装が少し雑。小さいのでさほど気にならないですがこの値段ならもうちょい頑張って欲しかったかも。
P00_1339P00_1336
その他は塗装も概ね綺麗で造形もシャープに仕上がってて特に不満はなったです。
P00_1349
別表情の咆哮フェイス。
P00_1352
ラーゼフォンらしい重要な表情ですがこの顔なら真理の目の方が良かった気が。
P00_1354
別表情の真理の目フェイス。
P00_1358
こっちは口が閉じた状態で付属。なのでスパロボなどで言う所のボイスが再現出来ないのが残念。
P00_1364
バイザーは交換用パーツを使って下ろした状態にすることも。
P00_1370P00_1366
覚醒前用フェイスも付属。こちらは表情や羽など全て外して交換する方式。
P00_1564
各部位など。流石全塗装を強調してるだけあって塗装は非常に綺麗。軟質素材の首元も他と極力差がない色合いに。
P00_1570
腰回り。ただ擦れたりすると剥げるので動かす際は注意した方が良さそう。
P00_1317P00_1320
腕や足。プロポーションなどは問題ないんですが手甲パーツが外れやすいのと足が形的に浮きやすいのが厄介。
P00_1385
可動は首元が軟質素材のおかげで首周りがよく動き、腰や肩なども概ね良好。
P00_1388
ただ股関節の引き出しはないので開脚はそれなり。肘はよく曲がりますが膝は普通で最近主流の物には少し劣る印象。
P00_1395
肩は腕とは別の可動軸が設けられており単独で可動。ただこの部分がやたら硬く直接肩アーマーを動かすとよく外れます。
P00_1573
つま先と踵は別個に可動。つま先は脛に干渉してあまり動かないですが踵は広く可動するので接地性はわりと高めでした。
P00_1299
オプション。
P00_1305
専用の台座も付属。
P00_1379
光の剣はクリアパーツで再現。手甲パーツと一体化しておりそちらごと交換して使用。
P00_1382
光の弓矢。こちらも両方クリアパーツで弓は手甲ごと交換、矢は専用の持ち手を使って使用。
P00_1371
適当なものと。サイズは大きいですが頭部はそんなに変わらないのでスタンダードな物と並べてもそこまでの違和感はなし。
P00_1400
適当に何枚か。
P00_1425
脚部はダイキャストが使われてるんですがそのせいで下半身が重く付属のスタンドだと角度を付けて浮かせにくいのが厄介。
P00_1444
付属のスタンドは上半身に差すタイプでどうしても下半身が垂れてしまうので垂直に浮かす以外はほぼ使い道なさそう。
P00_1450
なので遊ぶなら地に足を付けた状態中心に。その場合はダイキャストのおかげで転倒などしにくく安定して動かせます。
P00_1481
ただダイキャストは動かしてるとだんだん股関節に負担がかかって緩くなってくるというもう1つの弊害もあり。
P00_1506
スタンドで補助すれば大丈夫ですが今回はどちらかというと弊害の方が多いのでいっそダイキャストなしの方が良かったかも。
P00_1515
首周りが柔軟に動くので目線が合わせやすく各武器も使い勝手良好。
P00_1530
ラーゼフォンはブルーフレンドの所だけ鮮明ですがスパロボ出てたのもだいぶ前で他はもう結構うろ覚えだったり。
P00_1541
パケ絵でもボイスの時の目は金に光ってるのでやはり真理の目状態で口が閉じてたのは残念。
メガハウス ヴァリアブルアクション ラーゼフォン レビュー
終わり。以上、ヴァリアブルアクション ハイスペック ラーゼフォンのレビューでした。

プロポーションはほぼアニメのイメージ通りで、各部のシャープな造形、全塗装による高級感のある質感など見た目に関してはかなり完成度の高い出来に仕上がってました。
ただダイキャスト足のせいで浮かせて動きがつけにくかったり、可動も最近のROBOT魂などと比べると物足りなさを感じたり、表情パーツもいまいち使い勝手悪かったりと遊びの面では気になる部分が多かったです。
ラーゼフォンは立体物自体が少ないので手頃なサイズの物が出てくれたのは有り難かったですが、値段も結構高めですし出来ればもうちょい頑張って欲しかったところです。




ヴァリアブルアクション ハイスペック ラーゼフォン
ヴァリアブルアクション サクラ大戦 光武(さくら機)
ヴァリアブルアクション 境界線上のホライゾン 地摺朱雀(あみあみ)