S.H.フィギュアーツ オーディン レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーディン&ゴルトフェニックスのレビューです。
P00_2984P00_2990
全身。基本的な作りはいつもの龍騎系と同じ。メタリック塗装が美しくラスボスらしい風格ある出で立ちに仕上がってました。
P00_3008
顔。目やマスク、頭頂部など細いラインが大量の複雑なデザインですがはみだしなどほとんどない見事な出来。
P00_3004P00_2999
黒いラインの部分なども全て造形されておりいつも以上に立体感があってカッコ良かったです。
P00_3010
各部位など。体も曲線的なラインなどかなり複雑ですが造形塗装ともに完璧。
P00_3015
ベルト。デッキはいつも通りスライド式。
P00_2992P00_2996
腕や足。基本的にいつもと同じですが肩がラスボスらしく仰々しいデザインに。
P00_3068
肩当ては胴体側についてるので干渉しますが大きく上へ反らせるので可動にはそんなに影響せず。
P00_2974
オプション。
P00_2979
アドベントカード。
P00_2980
専用の魂ステージも付属。
P00_3022
ゴルトバイザー。持ち手はセイバーと共通ですがこちらを持たせると緩くなるので注意が必要。
P00_3026
先端部分。こちらも細かい部分まで造形されており塗装も丁寧で見栄え良好。
P00_3028
後ろ側。
P00_3033
翼は開閉可能。先端をスライドさせるとカードの収納口も出てきます。
P00_3041
続いてゴルトフェニックス。金や茶の色味は本体と共通。体の中にジョイントを挟み込む形式なので浮かせるのも楽。
P00_3044
後ろ。翼の上部はゴルトセイバー、背中部分はゴルトシールドに。
P00_3149
顔。かなり小さいですが口は開閉可能。
P00_3051
体は茶色部分が多いですがそちらも色が綺麗なので申し分ない出来。
P00_3055
頭や翼、足、爪など可動箇所も多め。
P00_3075
ゴルトセイバー。翼から取り外して使用。
P00_3060
ゴルトシールド。こちらは背中部分から。
P00_3066
裏側。シールド用の腕カバーに交換して取り付ける方式
P00_3203
グリップに付け替えて手持ちすることも可。
P00_3080
続いてゴルトフェニックスと合体。色形共に更に神々しい雰囲気に。
P00_3083
翼や尾の部分が動くので自立も特に問題なし。本体とフェニックスを繋ぐパーツにはスタンド穴もあり。
P00_3036
よく絡んでたナイトと。サイズはいつもと同じ。
P00_3160
適当に何枚か。
P00_3186P00_3181
ベルデでは忘れられてましたがカード持ち手も付属。足もいつも通りダイキャストなので安定感あり。
P00_3201
剣もサイズが大きいのでなかなかの迫力。オーディンはあまり動かないので振り回したりすると変な感じになりますが…
P00_3208
シールドはかなり大きめの装備ですが今回は腕にダボが2箇所ついてるので保持力はばっちりでした。
P00_3156
召喚獣とセットで出るのはかなり久々な気が。
P00_3125
ナイトの時のダークウイングと違って今回はスタンド穴があるので扱いも非常に楽。
P00_3121
ファイナルベント。ドラゴンナイトではちゃんと披露したそうですが龍騎でも同じ内容の技でいいのか謎。
P00_3087
オーディンは華麗に飛んだりすると違和感あるので浮かせられてるくらいがちょうど良さそう。
P00_3218
得意の前蹴り。他ライダーとの戦いはほとんど一方的だったような。
SHF オーディン レビュー
CM前みたいな1枚で終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーディン&ゴルトフェニックスのレビューでした。

龍騎系は毎回ハズレ無しですが今回も複雑な頭部の造形など見事に再現され全体のメタリック塗装も美しく全てにおいて完璧といっていい出来に仕上がってました。
可動などもいつも通り良好で武器などのオプションも多くまた今回は久々のミラーモンスターとセットなので組み合わせて並べたり合体させたりと遊びの幅も広くそちらの面でも申し分なかったです。
いつのまにか13ライダーも大半が揃い残りもオルタナティブゼロなども含めイベントで展示されてたそうで、もう揃うのは確実っぽいのでそちらも楽しみです。

S.H.フィギュアーツ 白い魔法使い、電波人間タックル、仮面ライダーストロンガー(チャージアップ)など(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーディン&ゴルトフェニックス
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧1号
S.H.フィギュアーツ サイクロン号(あみあみ)