コンバージ11 レビュー
FW GUNDAM CONVERGE 11のレビューです。
P00_3517
ハイパー・メガ・ランチャー装備のZガンダム。以前の物とは色味が変わって昔のアニメのようなちょっとくすんだ感じに。
P00_3520
右腕も新規。ハイパー・メガ・ランチャーは支えるのみで構えたりは出来ず。
P00_3524
ダボ接続なので保持は安定。肩は動くので一応角度などは変えられます。
P00_3527
以前の物と比べるとバルカンや手甲、脛内側の黄色など塗装が一部省略。色味も違うので武器を交換させても変に。
P00_3560P00_3564
リックディアス(赤)。大きなクリアパーツのモノアイが見栄え良くてリックディアスらしからぬかっこ良さでした。
P00_3567P00_3570
武器はクレイバズーカ。バインダーにAEUGの文字が入ってたりいつも通り造形も細かいです。
P00_3630
頭は少しだけ可動。
P00_3629
肩も可動するので武器を構えることも。
P00_3573P00_3576
シクレはリックディアス(黒)。理想はX-3だったのでちょっと残念。
P00_3529P00_3535
クロスボーン・ガンダムX-1。おそらく今回の目玉で造形塗装ともに非常に細かくかなりのカッコ良さ。
P00_3543P00_3538
Z同様手甲の塗装は省略されてますが、額の髑髏もはっきりわかり顔の赤い塗装や胸部プリントなど非常に手の込んだ作り。
P00_3622
他と同じく肩は可動。流石にザンバスターの細かい塗装まではされてなかったです。
P00_3545P00_3551
クロスボーン・ガンダムX-2。X-1と共通部分も多いですがカラーリングが濃い紫で印象は全く異なる感じに。
P00_3553P00_3559
造形や塗装の細やかさなどはこちらも同じ。
P00_3625
武器はショット・ランサー。
P00_3587P00_3591
ゾゴック。ほぼ確実に入る1年戦争の機体。そろそろ出尽くしてきたのかだんだんマイナー色の濃い機体に。
P00_3595P00_3597
マイナー機だからといって手抜きはなく頭頂部はメタリック塗装になってたりして存在感は今回の中でもトップクラス。
P00_3600
武器はヒートソード。肩の他手首も回るので結構動きをつけられます。
P00_3604
Gブル。こちらも1年戦争からでゾゴック同様変わったチョイス。
P00_3605
他同様塗り分けは細かいですが、わりと目立つ機首のコックピット部分の塗装がされてないのはちょっと残念。
P00_3609
横から。シールドにはEFSFの文字や連邦マークがきっちり造形。
P00_3612
砲台は回転可能で左右の砲身も角度など調節出来ます。
P00_3618
12のラインナップに入ってるGスカイと合体や換装が出来るそうで細かくバラすことが。
P00_3645
適当に何枚か。
P00_3650
リックディアスは赤と黒でセットという感じなのでZが好きな人なら今回は箱買いかセット買いした方が良さそう。
P00_3658
雑誌の付録でX-0なんていうのが出るそうですがX-3は一体いつになるのやら…
P00_3659
F91よりクロボンが先というのも変わってますがそちらは次の12で出るようです。
FW ガンダム コンバージ11 レビュー
終わり。以上、FW GUNDAM CONVERGE 11のレビューでした。

せっかくハイパー・メガ・ランチャーが付いたのにZの色が以前より微妙で塗装も一部省略されてたのが惜しかったですが、他は大体いつも通りの細やかな造形塗装で安めの食玩ながら質の高い出来に仕上がってました。
多分今回メインのクロボン2体は額の髑髏や胸のマークなどしっかり再現されて文句なしのカッコ良さで、リックディアスもクリアのモノアイが美しく、特に期待してなかったゾゴックなんかも存在感あってカッコ良かったです。
Gブルはシリーズ始まって初の弾をまたいでの換装ギミックなんかもあるので次の12弾も楽しみです。




FWシリーズ GUNDAM CONVERGE(ガンダム コンバージ) 11 BOX(食玩)

FWシリーズ GUNDAM CONVERGE(ガンダム コンバージ) 12 BOX(食玩・仮称)

FW GUNDAM CONVERGE SP04 (食玩・仮称)(あみあみ)