スタチューレジェンド プロシュート レビュー
スタチューレジェンド プロシュート&ザ・グレイトフル・デッドのレビューです。
P00_3938P00_3942
プロシュート。劇中これといった決めポーズはなかったからか初登場時のシルエット姿を少し変えたようなポーズに。
P00_3944P00_3949
つま先立ちしてるので自立は不可。造形塗装などはいつも通り超像可動に近い作り。
P00_3950P00_3957
カラーリングも金髪に黒スーツというシンプルなものなので違和感などもなし。
P00_3967
顔。冷たく相手を見ろしたような表情がキャラに合っており顔自体も原作に似てると思います。
P00_3963P00_3959
ただいつも通り瞳の位置や顔のシャドーの吹き具合など多少個体差はあったようでした。
P00_3969
かなり下を見ているので目線のあった角度で眺めるにはだいぶ下から覗く必要が。
P00_3973
各部位など。胸にはでかいネックレス。紐は軟質素材なので位置は多少調節出来ます。
P00_3975
服の模様などもアップだと多少の粗は見えますが実物ではほぼ気にならないレベルでした。
P00_3981
靴も衣装と同じく黒で統一。
P00_3991
続いてザ・グレイトフル・デッド。こちらには台座は付かずそのまま置いて飾るだけ。
P00_3994
こちらは本体とは違って光沢があるパール仕上げのようになっており色や質感などブチャラティの衣装に近い感じ。
P00_3999P00_4001
ポーズは多分初登場時のコマ。ただそちらではもっと首が埋まってる感じで今回のは若干体型が異なる印象。
P00_4007
正面。全身の目も細かく再現されてますが初登場時のコマに比べると数は少し減ってるようです。
P00_4009
顔。原作では百目のようにブクブクした感じがありましたがわりとすっきりした顔立ちに。
P00_4015P00_4013
これでも十分気持ち悪い感じは出てますがただ値段を考えるともっと忠実に再現して欲しかったかも。
P00_4021
頭頂部にも大きな目玉。
P00_4024
胸部の目玉は大きい2つのみ。コマによってはこの形の時もあるのでどれが正しいのかは謎。
P00_4026
腹から垂れたチューブがグロテスク。
P00_4030
台座はないので手をついて固定。指の裏側は平らになってるので簡単に倒れたりすることはなさそうです。
P00_4038
サイズは足を曲げてこれなので結構大きめ。ただ頭部は変わらないので少しずらして飾ればあまり違和感は無さそう。
P00_4086
適当に何枚か。
P00_4090

P00_4042

P00_4053

P00_4071

スタチューレジェンド プロシュート レビュー
終わり。以上、スタチューレジェンド プロシュート&ザ・グレイトフル・デッドのレビューでした。

プロシュートの方はいつも通りの細やかな造形塗装で顔も似ておりカラーリングなども違和感なく、これまで出てる超像可動の5部キャラと並べても引けをとらないかなりのカッコ良さに仕上がってました。
ただザ・グレイトフル・デッドの方は色やサイズのせいか原作に比べるといまいち迫力不足で値段も2体セットとはいえ全体のボリュームを考えるとかなり割高なので出来ればもうちょい頑張って欲しかったです。
このシリーズはこれからは5部中心で行くのかカラバリ以外はしばらく5部の敵キャラが続くようなので今回のプロシュートと並べられるペッシやチョコラータとセッコみたいな濃いキャラクターのラインナップを増やしていって欲しいところです。




スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第五部 31.プロシュート&ザ・グレイトフル・デッド
スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第五部 37.ホワイト・アルバム
スタチューレジェンド ジョジョの奇妙な冒険 第五部 33.リゾット・ネエロ(あみあみ)