ROBOT魂 ランスロットグレイル レビュー
ROBOT魂 ランスロット・グレイルのレビューです。
P00_5897
全身。基本的な作りはリニューアル版ランスロットを踏襲してますが新規部分がかなり多いので使い回しといった印象はなし。
P00_5900
後ろ。マントは結構重量あるので不安定ですが位置を微調整出来るので自立も何とか可能。
P00_5926
顔。顎の形など独特な個性があった通常のランスロットに比べるとわりとありがちなデザインに。
P00_5924P00_5917
あちこち尖った箇所が多いですが造形もシャープで塗装面なども特に問題なし。
P00_5931
各部位など。胴体も新規。質感などはSIDE KMFらしい見栄えの良い仕上がりで安っぽさなどは全くなかったです。
P00_5935
腰回り。腰から下はランスロットと色以外は全く同じでした。
P00_5908P00_5913
腕や足。肩とハーケン部分は新規。腕や足はノーマルと変わらず。
P00_6141
リニューアル版と同じなのでランドスピナーも複雑に可動しカバーも動く仕様に。
P00_5940
コックピットブロック。開閉ギミックはなし。
P00_5946
この機体一番の特徴のシュロッター鋼ソード。マント前面に左右合わせて12本装備。
P00_6135
マントはカバー部分基部が可動しソード接続部も可動。マント自体も2パーツ構成になってるので色々な動きをつけることが。
P00_5892
オプション。
P00_5962
ファクトスフィアの展開は差し替えで再現。
P00_5965
腰のスラッシュハーケンも射出は差し替えで。
P00_5950
展開状態のシュロッター鋼ソード。持ち手はノーマル同様、普通の物と角度のついた2タイプが付属。
P00_5960
ソードブレイザー状態はクリアパーツで再現。一旦カバーを外して内側でしっかり固定するのでポロリの心配などもなし。
P00_5956
ソードハーケンもパーツの差し替えで再現可能。リード線は硬めなので保持力もばっちり。
P00_5968P00_5973
マントのカバーを付け替えることでマントのみを外した状態を再現することも。
P00_5906
通常のランスロットと。色やシルエットが大きく異なるので全く異なる印象に。
P00_6151
適当に何枚か。
P00_6054
関節の構造は共通なので可動はノーマルと変わらず。マントはおもいっきり後ろに反らせるので干渉も特になかったです。
P00_6103
戦闘自体がわりと少なめな漫画なので使ってなかったと思いますが腰のハーケンは射出状態のものも付属。
P00_6017
可動は基本的には同じなんですが頭部の形状の違いで顎がひきづらい点はちょっと厄介でした。
P00_6020
八つ裂きにしてくれる!あと今回関節がギチギチすぎて微調整しにくいのがちょっと面倒。緩いよりははるかに良いですが。
P00_6106
多分今回一番のメイン武器のソードハーケン。ソードの固定などはしっかりしてますが6本ものリード線があるとさすがに大変。
P00_6131
漫画の方は話が進むにつれて戦闘描写も多くなっていってキャラ絵なども抜群に上手いので今後も結構楽しめそう。
ROBOT魂 ランスロットグレイル レビュー
作戦終了な1枚で終わり。以上、ROBOT魂 ランスロット・グレイルのレビューでした。

アニメなどには出てこない漫画オンリーの機体ながらマントに装備した12本のソードなど個性的で、全体の質感やメタリック塗装などもSIDE KMFらしく見栄え良く仕上がっておりなかなかのカッコ良さでした。
可動も首周りだけ少し窮屈でしたが、基本的にはリニューアル版のランスロットと同じなのでよく動き、マントもほとんど干渉しない作りになってたり、オプションも豊富で各種武装もきっちり再現出来るので遊びの面でも申し分なかったです。
原作ではこの状態でそんなに戦わないままブラッドフォードと合体して新形態になってしまいましたがそちらも出るのかなども気になる所です。

ROBOT魂 フォウ、セプター(三条旭機)、ヴァイエイト&メリクリウス、シェンロンガンダムなど(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE KMF〉 アレクサンダ(アキト機)
ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 ガンダムダブルエックス
ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 新機動戦記ガンダムW ウイングガンダムゼロ(再販)(あみあみ)