フィギュアーツ アックスフォーム レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 アックスフォームのレビューです。
P00_6479P00_6483
全身。素体はソードフォームと同じですが頭部、胴体、肩などが目立つ部分が新規になってるのであまり使いまわし感はなし。
P00_6501
顔。前面に刃がついてるデザインは独特ですがクリアパーツの複眼がないので見た目は他に比べると地味め。
P00_6496P00_6492
ラインの塗装などはいつも通り丁寧でほとんどはみ出しもなく綺麗に仕上がってました。
P00_6505
各部位など。胴体はソードフォームと前後が入れ替わったような形に。レール部分などの造形も細かく見映え良好。
P00_6511
腰回り。この辺りは色以外はソードフォームと変わりなし。
P00_6486P00_6489
腕や足。肩当ては胴体に合わせて新規ですが他の部分はソードと全く同じ。
P00_6476
オプション。
P00_6522
ソードフォームでは俺の必殺技用の凝ったエフェクトが付いてましたがこちらもダイナミックチョップ用の物が付属。
P00_6520
メインで使う斬撃エフェクトの他に衝撃波と舞い散る懐紙の紙吹雪を模したような物が2種という凝った構成になってました。
P00_6722
3つを組み合わせることで臨場感のあるディスプレイが可能に。
P00_6513
デンガッシャーアックスモード。ソードモードとは微妙に柄の太さが違っており持ち手も新規っぽかったです。
P00_6516
ソードフォームと。共通部分は多いですが目立つ部分が変わってるので全く異なる印象に。
P00_6527
適当に何枚か。
P00_6529
素体が共通なので可動はほとんど同じなんですが背中のソードフォームの肩部分が干渉するので肩周りは窮屈に。
P00_6547
デザイン的に仕方ないですが腕を後ろへ動かしたい時など結構干渉するのでここが可動式になってなかったのはちょっと残念。
P00_6573
手首パーツは平手が2タイプ付くので色々な動きに合わせることが。
P00_6585
持ち手も内側にぴったりサイズの合う溝が作られてるタイプなので外れたりすることもほぼなかったです。
P00_6589
前蹴り。股関節は他の電王系同様大きく引き出せるので下半身の可動は完璧。
P00_6608
フルチャージ。
P00_6630
ダイナミックチョップ。
P00_6654
わざわざ今アックスフォームのためだけに専用のエフェクトまで作るとは。
P00_6666
メインの斬撃用は汎用性高そうですが脇の2つは紙吹雪と一体化してるのでちょっと微妙。
P00_6673
こんな動きはしないですがエフェクトの形に合わせて斬り上げ。
P00_6718
なぎ払いver.。
SHF アックスフォーム レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 アックスフォームのレビューでした。

デザイン的に肩と背中が干渉しやすく肩周りが少し動かしにくかった点だけ惜しかったですが、電王系は龍騎に次いで安定した出来なので今回も細かな造形やメタリック塗装など見栄え良く仕上がっててカッコ良かったです。
ソードフォーム同様必殺技再現用の専用エフェクトがついてる点も有難く、電王自体はもうちょっと古めな作品ですが新鮮な感じで遊べる満足度の高い内容になってました。
残りのロッド、ガンフォームには特別なエフェクトは付かないみたいですが電王系は今の所ハズレなしな感じなのでそちらにも期待です。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー電王 ガンフォーム&ロッドフォーム、シザース、白い魔法使いなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧1号
S.H.フィギュアーツ ショッカー戦闘員

S.H.フィギュアーツ サイクロン号(あみあみ)