フィギュアーツ フリーザ 最終形態 レビュー
S.H.フィギュアーツ フリーザ 最終形態のレビューです。
P00_6962P00_6966
全身。子供のようなサイズや体型、少し青みがかった暗めの白など色もアニメのイメージ通りの仕上がり。
P00_6982
顔。輪郭や目つき、口元などの再現度も完璧。頬部分のラインなんかもほどよい濃さで違和感なかったです。
P00_6978P00_6975
角度的な破綻もなし。紫部分はメタリック塗装。
P00_6998
ダメージを受けた状態を再現した別頭部。
P00_7001
元気玉を受けた直後の片目状態。口の塗装が少しはみ出てるのと目線が右寄りなのがちょっと気になります。
P00_6986
怒り顔の別頭部。
P00_6993
後半余裕がなくなってきて怒った状態再現用で頭に浮いた血管など表情以外の部分も細かく作られてました。
P00_7006
各部位など。白は少し光沢はありますが暗めの色合いで細かくシャドーも吹かれてるので質感の安っぽさはなし。
P00_7007
腰回り。内側へ捻れば目立たなくすることも出来ますが普通の状態だと股関節の軸がちょっと若干気になります。
P00_6969P00_6973
腕や足。筋肉の造形なんかもリアル。ただ肩関節上部が紫に塗装されていないのは違和感が大きく非情に残念。
P00_6954
オプション。他に魂ステージact4が付属。
P00_6956
岩場を模した台座。使う時は本体の足をダボ付きの物に交換して接続。
P00_7015
腕組みパーツ。腕を組んだまま戦ったり印象的なシーンが多かったのでこれが付くのは有り難かったです。
P00_7020
ゲームなどで言う所のデスビームエフェクト。先端にスタンド用の穴がありそれで浮かせて使用。
P00_7023
同じくデスボールも付属。こちらはクリアのジョイントを使い浮いてる状態を再現。
P00_7026
交換用の長い尻尾パーツ。
P00_7038P00_7028
これを使えばベジータの首に巻きつけていたぶるシーンを再現可能に。
P00_7042
中央は軸可動するので位置の調節もしやすいです。また軸接続されてる部分を外せば切れた状態の再現も可。
P00_7011
サイズは過去最高の小ささ。
P00_7216
適当に何枚か。
P00_7222
デスビームはビームだけじゃなく指先の発光部分もちゃんと再現されてたりとこだわった作りに。
P00_7112
腕組みも専用パーツがつくおかげで違和感なく風格ある立ち姿を再現可能。
P00_7064
ベジータは体をスーパーサイヤ人の方に交換すればマッチョすぎはするものの原作に近い衣装にすることが。
P00_7076
尻尾は長めで多少距離は取れるのでベジータの定番とも言える背中を攻撃されるシーンも再現することが。
P00_7227
指を広げた平手を使えば50%モードの構えポーズも自然に。
P00_7116
足は浮いた状態再現用に指に動きがついた物も付属。
P00_7122
本気モードの蹴り。
P00_7144
いたかったぞー!!
P00_7175
デスボールは怒り顔の目線が上向きなのでちょっと違和感あり。
P00_7161
こ、こんなもの!!
P00_7096
フリーザだ-っ!!
P00_7170
バッ。
SHF フリーザ 最終形態 レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ フリーザ 最終形態のレビューでした。

肩関節の塗装が省かれてたのは残念だったもののそこ以外は顔の再現度やプロポーション、細かくシャドーが吹かれて見映えのする白の質感など最近のドラゴンボールのフィギュアーツらしい手の込んだ作りで良い出来でした。
普段よりサイズはだいぶ小さめですが可動などへの影響は特になく劇中の動きは大体再現出来る感じで、腕組みや交換用の尻尾パーツ、各種必殺技のエフェクトなどオプションも大量で遊びの幅も非常に広かったです。
今回のフリーザや1つ前のベジータなど最近サイヤ人~ナメック星編のキャラも増えてきつつあるのでそろそろどんなキャラとでも絡ませやすい黒髪で古いタイプの道着を着た悟空も出して欲しいところです。

S.H.フィギュアーツ クリリン、ブルーローズ、金色の闇(トランスホワイトver.)、超アキバレッド・スーパーなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー旧1号
S.H.フィギュアーツ ショッカー戦闘員

S.H.フィギュアーツ サイクロン号(あみあみ)