MG ギラ・ドーガ レビュー
MG ギラドーガのレビューです。
P00_9144P00_9151
全身。脚部など今風に若干スリムになってますがジオン系列機らしいマッシブなプロポーション。MGだけあって色分けも完璧。
P00_9161
顔。曲線的なフォルムなど劇中の印象そのまま。パイプは単一のゴム素材ですが細くモールドが細かいので違和感も少なめ。
P00_9166P00_9170
モノアイはピンクのシールでいつも通り可動式。最近のキットらしくLEDを仕込めるギミックも搭載。
P00_9180
差し替えで指揮官機仕様にすることも。
P00_9177P00_9174
レズン機など角つきのシルエットの方が出番多かったせいかこちらの方が馴染みのある感じかも。
P00_9184
モノアイはマラサイと同じく内部ツマミで動かす方式。
P00_9189
各部位など。量産機だけあって色数など少なくシンプルな見た目なので色分けは完璧。
P00_9194
コックピットはいつも通り開閉式。
P00_9190
腰回り。フロントアーマーがかなり大きめなのが特徴。下部の黄色もきっちり色分け。
P00_9153P00_9157
腕や足。今風のキットらしく脚部はやや細身に。
P00_9205
左肩はザクから連なるトゲトゲのスパイク仕様。
P00_9202
バックパック。バーニアなどは全てきっちり色分け。腰裏にはビームソードアックスを装備。
P00_9139
オプション。
P00_9138
デカールとマーキングシール。
P00_9208
ビームマシンガン(一般用)。量産機の武器ながらボリュームがあり形状も凝ったものに。フォアグリップは可動式。
P00_9212
ビームマシンガン(指揮官用)。サイズはこちらのほうが小さめ。どちらも弾倉は取り外し可能。
P00_9199
サイドアーマー内部には予備弾倉を入れておくことが。
P00_9219P00_9216
シールド。表は板2枚が繋がっただけのシンプル構造。裏面にはシュツルムファウストが4本。取り付けは肘の穴に差すだけ。
P00_9275
基部と繋ぎ目は可動式でシュツルムファウストもそれぞれ取り外し可能。
P00_9248
ビームソードアックス。刃部分は黄色のクリアパーツ。
P00_9253
違う形状のビーム刃も付属。
P00_9255
ビームソードとして使うことも。
P00_9241
適当なものと。逆シャア時代の機体なので量産機ながらサイズは結構大きめ。
P00_9292
適当に何枚か。
P00_9286
肩はいつも通り引き出し式でフォアグリップも位置の調整が出来るので両手持ちも楽に。
P00_9272
フロントアーマーは大きめですが特に影響はなく膝立ちも普通に出来ます。ただ今回は股関節のスライドはなし。
P00_9303
ライフルは一般機、指揮官機ともにしっかり持ち手に固定出来る仕様なので保持も安定。
P00_9315
脚部が重いせいか股関節が少し緩く時間経つとへたれてくるのがちょっと気になりました。
P00_9325
シュツルムファウスト発射。
P00_9373
今回パイプが単一のパーツだったり位置も干渉しない所にあるのでこの手の機体では珍しく腰も普通に回すことが。
P00_9352
腰は180度回転可能。サーベル刃もバリエーション豊富。
MG ギラ・ドーガ レビュー
終わり。以上、MG ギラドーガのレビューでした。

今まで出てなかったというのが不思議なくらいの機体ですが、今の技術で作られただけあってプロポーションや色分けなど完璧に近い出来で量産機ながらサイズも大きく非常に迫力ある見た目に仕上がってました。
可動も股関節の緩さだけちょっと惜しかったものの大きく引き出せる肩などをはじめ基本的にはどこも優秀で、今回はパイプの作りや位置が新しくなったことでこの手の機体では珍しく腰もよく回りパーツがバラける心配もなく動かしやすかったです。
あんまり共通点はないですがここからヤクトドーガやギラズールなどに続いていきそうなので今後のラインナップにも期待です。

HGUC ゾゴック(ジャブロー攻略戦仕様)、MG RX-78-2ガンダムVer.3.0用 拡張セット など(プレミアムバンダイ)



MG 1/100 ギラ・ドーガ

MG 1/100 ストライクルージュ オオトリ装備 Ver.RM

HGUC 1/144 ドーベン・ウルフ(ユニコーンVer.)(あみあみ)