ライオボット オーガン レビュー
RIOBOT オーガンのレビューです。
P00_9826P00_9831
全身。やりすぎない程度に程よくバリッたプロポーションが再現されかなりのカッコ良さ。いつも通り全塗装なので質感も良好。
P00_9854
顔。流石このサイズのアクションフィギュアではかなり高額なだけあって造形も緻密で塗装も精度高め。
P00_9850P00_9846
目は普通の黄色塗装。頬や首元のメタリック塗装が精密感を引き立てるアクセントになってます。
P00_9890
P.E.Cキャノンはそのまま額部分を持ち上げて展開する方式で差し替えパーツなどはなし。
P00_9857
各部位など。白は光沢仕上げですが塗装なので安っぽさはなし。細身ですが胸部の厚みなどはしっかりある理想的な体型。
P00_9894
グランドクルスアタック再現用の胸部装甲展開も差し替えなし方式。
P00_9860
腰回り。この辺も股関節の軸なども目立たず見栄え良いです。
P00_9833P00_9838
腕や足。関節なども玩具っぽくない作りでフォルムも筋肉っぽい形状になっててどこをとっても死角なし。
P00_9865
肩裏のディテールなどもきっちり。
P00_9896
可動もいつも通りよく動きますが上半身の反り具合はそこそこでここだけは変態可動とまではいかず。
P00_9901
前屈はめちゃ深く曲げることが。首周りや肘、膝、股関節、足首なども完璧。つま先はクリック関節でした。
P00_0084
ちなみに今回肩は肩アーマーとの干渉を考慮してかこんな感じで上に引き出して上げる特殊な構造に。
P00_0108
オプション。他にいつものスタンドも付属。
P00_9874
オーガン・カッター。前腕の先端パーツと交換して取り付ける方式。左右分付属。
P00_0104
オーガン・ランサー。
P00_9872
柄を1本にして連結も可。アニメではほぼ連結しっぱなしだったのでこちらの方が見慣れた雰囲気。
P00_9881
玩具オリジナル武装の反物質弾射出機。一度肩アーマーを外し腕を通して装備。
P00_9883
手首はあらかじめグリップと一体化してるという珍しい方式。ディテールなどは本体に負けず劣らず精密。
P00_9868
サイズはfigmaテッカマンやROBOT魂より少し大きめくらいでした。
P00_9902
適当に何枚か。
P00_9943
上半身は若干癖がありますが、下半身は引き出し式の股関節のおかげで足もよく上がり膝の曲がり具合なども完璧。
P00_9941
肩も肩アーマーが単独で可動するなど配慮された作りになってるんですが関節が特殊なのでこちらは慣れが必要な感じ。
P00_9949
蹴り。頭部の角部分が肩と干渉しやすいですが首周りは何もないのでこの辺もよく動きます。
P00_9977
ライトニードル。膝立ちも余裕。玩具と関係ないですがこの頃のアニメの若本敵キャラ率は異常な気が…
P00_9964
P.E.Cキャノン。上半身をもっと反らせることが出来れば更に良かったかも。
P00_0019
基本武器みたいな感じですが登場はかなり終盤なオーガン・ランサー。
P00_9998
肩が真っ直ぐ上がらないのがちょっと厄介ですが竜巻みたいな必殺技も大体それっぽくは再現可能。
P00_0013
技の最後の決めポーズ。
P00_0044
オリジナルの反物質弾射出機もちょっと特殊なデザインですがオーガンによく合ってて違和感なども全くなし。
P00_0073
大きいので重量もそこそこありますが肩に担ぐ持ち方で本体の関節の硬さもかなり硬めなのでへたれる心配もほぼなさそう。
P00_0079
日の出に向かって飛び立ち。
P00_0097
最後はグランドクルスアタックで。
RIOBOT オーガン レビュー
終わり。以上、RIOBOT オーガンのレビューでした。

いつも通りこのサイズのアクションフィギュアではかなり高めですが、精密な造形や全塗装の高級感ある質感など値段に見合った仕上がりで、今回は特にプロポーションやフォルムなどが理想的なバランスでめちゃかっこ良かったです。
可動は肩など少し癖があって多少慣れが必要な感じですが、基本的にはどこもよく動いて劇中の技や動きなどほぼそのまま再現出来、オリジナルの武器も本体のデザインにマッチしてて遊びの面でも非常に満足度の高い内容になってました。
今回のこの完璧な出来を見るとこのオーガンと同じレベルのテッカマンも並べたくなるのでブラスターの方だけとかでもいいのでそちらもRIOBOTで出して欲しいところです。




千値練 RIOBOT(ライオボット) DETONATOR オーガン

千値練 RIOBOT(ライオボット) ジェフティ (2次出荷)

千値練 RIOBOT(ライオボット) サイバーボッツ ブロディア(あみあみ)