RG GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス レビュー
RG GP01 ゼフィランサスのレビューです。
RG GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス レビューRG GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス
全身。こちらは地上用ということでFbに比べ軽装。カラーリングもRX-78に似ておりシンプル。
P00_1809
顔。頭部はFbと共通。
P00_1804P00_1802
細やかな色分け、マスクのスリット、シャープなアンテナなどどこをとっても文句なし。
P00_1811
各部位など。共通部分も多いですが胸部ダクトの形やコックピットや腹部の色などが異なるので印象はだいぶ変化。
P00_1819
コックピットの開閉は変わらず。
P00_1816
Fbと同じく前面をガバっと開いたりも。
P00_1821
腰回り。この辺は全て新しく。フロントアーマーの細かいグレーがしっかり色分けされてるので見栄え良いです。
P00_1794P00_1797
腕や足。腕や太腿は共通。肩アーマーや膝から下は大きく異なりどちらもFbより身軽に。
P00_1799
Fbにはなかったですが足裏には爪が引き出せるギミックも追加。
P00_1829
バックパック。こちらも全く別物に。サーベル取り付け部もBJになってたりと作りもだいぶ違ってます。
P00_1830
こんな感じにコアファイター部分の上からカバーを被せてロック出来るような仕組みになってるのでFbより接続も安定。
P00_1768
コアファイターはFbと同じく分離可能。機首など一部は共通ですが異なる部分が多くシルエットも別物に。
P00_1769
ランディングギアで接地できる点などは同じ。
P00_1774
裏側。
P00_1777
羽などを折り畳んで収納形態に。胸部のダクトを左右入れ替え向きを変えたりする必要があるので手順はFbよりやや面倒。
P00_1782
オプション。
P00_1763
シール。
P00_1837P00_1841
フル装備状態。
P00_1849
ビーム・ライフル。武装はゼフィランサス、フルバーニアンともに全く同じ。
P00_1854
シールドもギミックやエネルギーパックなど全て共通。
P00_1847
フルバーニアンと。同じ機体でも異なる部分が多いので印象は大きく変化。
P00_1914
適当に何枚か。
P00_1908
可動はデザインがシンプルな分Fbより多少干渉は減ってますがフレーム自体は同じなの特に変わらず。
P00_1860
ただこちらはコアファイターと上半身をがっちり固定出来るので胴体がバラけることが少なくかなり遊びやすかったです。
P00_2033
武装はジュッテなどの付属品も含め全て同じ。
P00_1856
フレームの強度はかなり高めで片足を浮かせたこんな状態でも自立可能。
P00_2015
足の形が変わってるので接地性もFbより少し高めに。
P00_1970
サーベルはピンで接続するので位置の調整は出来ないですが添える感じにすれば両手持ちも自然な感じに。
P00_1993
サーベルのピンは単純な差込なので冷却装置を刺した時の逆手持ちなんかも普通に出来ます。
P00_1953
コアファイターの折りたたんだ羽が干渉するので腰の回転はFbと同程度でした。
RG GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス レビュー
終わり。以上、RG GP01 ゼフィランサスのレビューでした。

GP01といえばシルエットなどフルバーニアンの方がインパクト強いですがゼフィランサスの方もシンプルゆえのカッコ良さがあるのでこちらも購入。
フレームなど大雑把な作りは大体同じですが、実際並べてみると違う所はかなり多く新鮮味もあり、また上半身とコアファイターの接続がフルバーニアンより安定してるので遊びやすさはこちらの方がだいぶ上でした。
GP01があるとやはり宿敵のGP02も欲しくなるので03まで含めて今後も0083シリーズも続けていって欲しいところです。

MG ギラ・ドーガ(レズン・シュナイダー専用機)、 HG ガンダムアストレイゴールドフレームアマツなど(プレミアムバンダイ)



RG 1/144 RX-78GP-01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス
RG 1/144 RX-78GP-01Fb ガンダム試作1号機 フルバーニアン
HGUC 1/144 ガーベラ・テトラ(あみあみ)