超像可動 ゴールドエクスペリエンス WF 限定版 レビュー
超像可動 ゴールド・エクスペリエンス WF 限定版のレビューです。カラバリなので簡単に。
P00_3769P00_3772
全身。造形はノーマル版と変化なし。カラーリングは一番くじなどでも使われてた白とピンク主体のものに。
P00_3791
顔。目は金色に。瞳がないタイプなので個体差もなく各ラインの塗装なども綺麗に仕上がってました。
P00_3787P00_3784
ノーマル版と違い顎の塗装がされてないので印象も少し変化。
P00_3794
叫び顔の別頭部も付属。
P00_3799
口の塗装が若干粗めでしたが特に目立つ程ではなかったです。
P00_3801
各部位など。ノーマルでは金と黄の2色構成でしたが今回は大部分が白一色なので落ち着いた印象に。
P00_3806
腰回り。白部分は色が暗めでパール仕上げになってるので安っぽさなども一切なし。
P00_3774P00_3781
腕や足。この辺もノーマルに比べ塗り分けが減ってあっさりしてますが調和のとれた配色で特に違和感などはなかったです。
P00_3760
オプション。
P00_3765
限定版のおまけとしてスタンド名を叫んだセリフプレートも付属。
P00_3854
ノーマル版と。単純に色が変わってるだけでなく配色などもかなり異なってました。
P00_3831
適当に何枚か。
P00_3813

P00_3843

P00_3870

P00_3893

P00_3928

超像可動 ゴールドエクスペリエンス WF 2013 夏 限定版 レビュー
終わり。以上、超像可動 ゴールド・エクスペリエンス WF 限定版のレビューでした。

ゴールド・エクスペリエンスはやはりその名の通り金色が一番しっくり来る感じですが今回の銀に近いようなパールホワイト主体のカラーも非常に美しくなかなか合ってる感じでした。
出来に関しても元々造形可動の両面で全く隙のない完璧といっていいくらいの作りだったので不満な所も一切なかったです。
今回は前回のジョルノほど重要ではないのでイベント限定でも別にいいかなと思えるアイテムでしたが、ただ今後またそういった物が出ないとも限らないのでやはりいつかは確実に変える受注方式に変わって欲しいところです。




超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 34.グイード・ミスタ&セックス・ピストルズ
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 9.ザ・ワールド
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第3部 11.DIO(あみあみ)