HGUC ドーベン・ウルフ(ユニコーンVer.) レビュー
HGUC ドーベンウルフ (ユニコーンVer.)のレビューです。
P00_4506P00_4499
全身。ドーベンウルフは元が緑と赤という派手なカラーリングでしたが今回はほぼ青で統一されてるのでだいぶ地味な印象に。
P00_4533
顔。形自体はZZ版と変わりなし。アンテナの数が多く刺々しいシルエットに。
P00_4526P00_4528
モノアイはいつも通り黒、ピンクともにシールで予備も付属。頭部パーツはどこも細かいので破損に注意した方が良さそう。
P00_4536
各部位など。UC版ということ胸部が袖付きらしい意匠に。サイコを彷彿とさせる腹部のメガ粒子砲の黄色はしっかり色分け。
P00_4542
腰回り。スラスターの黄色はシール。アーマー類は太腿側に付いてるのですっきりした見た目に。
P00_4508P00_4512
腕や足。前腕も袖付き仕様に。ZZ版では所々に入ってた赤が無くなってるのでだいぶ落ち着いた色に。
P00_4803
バックパック。上部の爪は可動式。スラスターの黄色はシールで再現。
P00_4547
インコムコンテナは引き出し可能。インコム自体を取り外すことも出来ます。
P00_4549
左右のバインダーはBJ接続で可動し上部にはビームキャノンを搭載。バックパック左右も動き上部の爪を肩に固定することも。
P00_4554
中央部のミサイルハッチも展開可能。ミサイルは本来は赤のようですが茶色一色でした。
P00_4483
オプション。
P00_4557P00_4562
ライフルと対艦ミサイルを装備した状態。
P00_4572
ビームライフル。非展開状態だとそこまで大きくはなく片手でも十分保持は可能。
P00_4574
腹部に接続し砲身を伸ばしグリップや砲口部分を展開してメガランチャーに。バイポッドは基部の付け替えで位置変更が可能。
P00_4564
対艦ミサイルはバックパック上部のツメ部分に挟み込んで取り付け。
P00_4584
有線式の前腕射出再現用にリード線とスタンドが付属。リード線は2本付くので両腕同時射出も可。
P00_4580
指揮官機用の前腕射出状態再現用に隠し腕も。爪も可動するのでサーベルなどを持たせられます。
P00_4569
適当なものと。サイズは結構大きめ。
P00_4601
適当に何枚か。
P00_4621
完全新規だけあってゴテゴテしたデザインのわりに可動も比較的良好。
P00_4634
腰もしっかり回り首もぱっと見は埋まってるような見た目ですがちゃんと動きます。
P00_4656
メガランチャー展開。ドーベンウルフといえばやはりこの状態の方がしっくりくる気が。
P00_4674
ビームキャノン、ミサイルも同時展開。物凄い重火力。
P00_4709
腹にはメガ粒子砲。
P00_4802
背面のスラスターがシールでカバーされてるので後ろ姿も見栄えする感じに。インコムが射出出来ないのはちょっと残念。
P00_4727
腕用のリード線で無理矢理。
P00_4730
前腕射出。指揮官機は無線でも飛ばせるとか。接地性はかなり高くこれだけ足を開いてもぴったり足がつきます。
P00_4746
両腕同時展開も可。手首はそのままなのでサーベルなど持たせっぱなしでもOK。
HGUC ドーベン・ウルフ(ユニコーンVer.) レビュー
隠し腕攻撃で終わり。以上、HGUC ドーベンウルフ (ユニコーンVer.)のレビューでした。

元々スラスターなどが多く結構複雑なデザインな上に今回はUC版ということで袖付き機特有の意匠などもあって色分けはそこそこと言った感じでしたが、細かい部分までカバーできるシールが付いてたり、プロポーションも良好でかなりのカッコ良さに仕上がってました。
可動も今の技術での完全新規なのでゴテゴテした見た目のわりに意外とよく動き、メガランチャーやビームキャノン、ミサイルといった各武装やリード線で再現するハンドビームや隠し腕などギミックも盛り沢山でプレイバリューも非常に高かったです。
ただやはりドーベンウルフといえばZZ版の方が馴染みのある感じなのでそちらも出来れば一般販売で、また今回はUC版があったから出したのかもしれませんがZZ繋がりでゲーマルクなんかもそろそろ出して欲しいところです。

MG ギラ・ドーガ(レズン・シュナイダー専用機)、 HG ガンダムアストレイゴールドフレームアマツなど(プレミアムバンダイ)



HGUC 1/144 ドーベン・ウルフ(ユニコーンVer.)

HGUC 1/144 ゾゴック(ユニコーンVer.)

HGBF 1/144 ザクアメイジング(あみあみ)