ロボット魂 コードギアス 双貌のオズ 白炎 レビュー
ROBOT魂 白炎のレビューです。
P00_4813P00_4819
全身。元はリニューアル版の紅蓮弐式ですがカラーリングや頭部形状、輻射波動などが変わってるので印象はガラリと変化。
P00_4841
顔。カブトムシのような太い一本角が生えた形に。デザイン自体は特殊だった元の紅蓮に比べるとわりと普通。
P00_4829P00_4838
KMFらしいシャープな造形もしっかり再現され塗装なども綺麗に仕上がってました。
P00_4844
ゲフィオンブレイカー展開頭部も付属。
P00_4849
細い角にディテールが密集してますがこちらも細かい部分まできっちり再現。
P00_4853
各部位など。体も似てはいるものの紅蓮とは別物に。左胸には紅蓮と同じく飛燕爪牙を搭載。
P00_4859
腰回り。紅蓮と違って太腿には取り外し可能なマガジンなどを装備。
P00_4820P00_4826
腕や足。右腕は輻射波動に代わり七式統合兵装に。脚部は特に変わりなし。
P00_4866
足はいつも通りランドスピナー。
P00_4860
コックピットブロックも同じ。
P00_4806
オプション。
P00_4882
七式統合兵装右腕部、壱式自在掌。こちらが通常の状態。
P00_4885
弐式特斬刀。こちらは下側の刃だけを出した状態。刃はメタリック塗装で再現。
P00_4888
参式荒咬鋏。上の刃も出してハサミ状に。
P00_4891
四式熱斬刀。上の刃をスライドさせ下と組み合わせることで太い一本の刃のようにした形。
P00_4893
五式穿心角。こちらはこれまでと打って変わって別の所からドリルを取り出し。
P00_4897
六式衝撃砲。唯一の射撃武器でボリュームも一番。マガジンは取り外し可能。
P00_4876
取り外したマガジン。ちなみに衝撃砲に差さってる物と太腿の予備の形は微妙に違ってますが互換性は大丈夫でした。
P00_4872
元になってる紅蓮弐式と。共通点も多いですが並べてみた時の印象は全く別物。
P00_5111
適当に何枚か。
P00_5083
基本的な作りは紅蓮弐式と同じなので可動なども特に変わりなし。
P00_5061
リニューアル版を元にしてるだけあって非常に優秀で関節の硬さなどもベスト。
P00_5037
肩周りなども広く動くのでメイン武器の七式統合兵装も扱いやすく股関節は引き出し式なので膝立ちも自然に再現出来ます。
P00_5025
本体がわりと落ち着いた色なので近接武器の赤いメタリック塗装も映える感じに。
P00_5013
スタンドはランスロット違ってコックピット下部に直で差す方式。
P00_4926
つま先が可動するので接地性も高く踵の爪も動くので安定感もばっちり。
P00_4953
砲撃タイプの武器もボリュームがありかなりの迫力。肩関節もガチガチなので重さに負ける心配も一切なし。
P00_4951
手持ち武器はないので直接的に使う必要はないですが持ち手は1巻の敵撃破後の決めポーズの再現なんかに使うことが。
P00_5125
飛燕爪牙も一応。
P00_5134
ランスロット・グレイルと対決。
ROBOT魂 白炎 レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 白炎のレビューでした。

ほとんど完璧だったリニューアル版の紅蓮弐式を元にしてるのでシャープな造形やプロポーションの良さなどは共通で、紅蓮の時のグロスのような光沢は無くなってるものの白の質感も美しく全体的に非常に見栄え良く仕上がってました。
可動も紅蓮と同じなのでどこも隙がなくこの機体独自の七式統合兵装右腕部も名前の通り7つの形態を再現出来るなどギミック盛り沢山で遊びの幅も非常に広かったです。
本編では主人公機な割にかなり出番少なめなのが残念ですが次の4巻辺りからは久々に出てきそうなのでそちらにも期待です。

ROBOT魂 ランスロット・トライアル、セプター(三条旭機)、ファフナー・マークニヒト(劇場版)、Gファルコン(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE KMF〉 アレクサンダ(アキト機)

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE AS〉 フルメタル・パニック! アーバレスト ラムダ・ドライバ

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉エクストリームガンダム(type-レオス)ゼノン・フェース(あみあみ)