MG RX-78-2 ガンダムVer.3.0 レビュー
MG ガンダムVer.3.0のレビューです。
P00_5361P00_5362
全身。普段のMGと違ってパネルラインが多くRGを大きくしたような見た目に。体型や基本的な色などは普通。
P00_5644
顔。バルカンやダクトなどもきっちり色分けされマスクのへの字も開口。アンテナは普段よりちょっと短いような。
P00_5376P00_5374
今回目がLEDユニット使用を前提とした作りでシールが付かないのが残念。ここは選択式にして欲しかったです。
P00_5388
各部位など。胴体は色形ともにごく普通。色分けは完璧で腹部中央や脇腹などは他より薄い色になってました。
P00_5394
胸部フィンが可動するギミックも搭載。
P00_5398
コックピットは開閉可能。シャッターを開くことも可。
P00_5392
腰回り。この辺はRG同様パネルライン多め。MGだと特に驚きはないですが中央のV字もきっちり色分け。
P00_5367P00_5371
腕や足。こちらは特にパネルラインが目立つ部分で肘関節なども独特。
P00_5402
バックパック。こちらも一部が白くなってるなどアレンジが。
P00_5408
カバーは可動式。ノズルも引き出すことが出来サブも合わせれば計4基に。バーニア内部にクリアパーツを使うというのも独特。
P00_5419P00_5414
関節などは劇的に進化してるということはないですが堅実な作り。コアブロック式ですが腰が抜けることなどもなく安定。
P00_5428
回転もコアブロック搭載にしてはまあまあ。
P00_5646
肩はシンプルな引き出し構造。
P00_5426
肘もぴったり付くほど曲げることが。肩アーマー前後面も軽く開くように。手首もかなり動きます。
P00_5430
股関節も引き出しはないですが大きく開き膝の曲がりも完璧。接地性はそこそこですが接地面が広いので安定感は十分。
P00_5433
足裏は3つに分割する仕組みに。
P00_5438
続いてコアファイター。今回コアブロックとは別々に付属。
P00_5440
こちらは2.0と同じ物だそうですが色分けは完璧。ランディングギアも付属するので普通に置いて飾れます。
P00_5445
裏側。ランディングギアは何故かクリアパーツ。
P00_5448
コックピットとミサイルハッチは開閉可能y。
P00_5451
中央やウイングなどをたたんでコアブロックにすることも。
P00_5454
完成。ただコアブロック専用のパーツよりは大きいのでどちらかというと専用パーツを使ったほうが無難だと思います。
P00_5352
オプション。武器とシールドは2.0と変わらず。
P00_5351
シール。
P00_5459P00_5464
フル装備状態。
P00_5467
ビームライフル。フォアグリップ、スコープは可動式。
P00_5469
腰へのマウントも可。
P00_5472
ハイパーバズーカ。グリップは新規で前後に可動するので肘を曲げた状態でも楽に保持が可能。こちらも腰へマウント可。
P00_5474
シールド。
P00_5477
裏側。接続は前腕にジョイントを挟み込み、スライド式のグリップを握らせる方式。
P00_5458
ライフルの取り付けも可。
P00_5481
上部のシャッターはスライド式で閉めることも。
P00_5649
バックパックへのマウントも可。
P00_5485
肘膝アンクルアーマーは今回は基本マグネットコーティング状態ですが、ノーマル状態にするパーツも付属。
P00_5356
サイズは他の1/100スケールRX-78と特に変わらず。パネルラインはRGとほぼ同じですが成型色は変わってました。
P00_5487
適当に何枚か。
P00_5521
可動は腰の回転以外はほぼ完璧なのでフレームも硬すぎず緩すぎず動かしやすいです。
P00_5548
両手持ちも楽に。ただ手首がエモーションマニュピレーターSPしかないのでその点は少し面倒。
P00_5554
そこっ!
P00_5592
バズーカはグリップが可動するので肩に担ぐのも楽。
P00_5580
膝立ちも余裕。
P00_5602
肩周りが広く動くのでサーベル両手持ちも。
P00_5613
接地性はそこそこですが足が大きいので転倒したりはあまりなかったです。
P00_5623
腰もこれくらい回ればそんなには不満なし。
MG RX-78-2 ガンダム 3.0 レビュー
最後はラストシューティングで終わり。以上、MG ガンダムVer.3.0のレビューでした。

MGのRX-78というと色んなバージョンが大量に出てる印象がありますが、今回はかなり久々の新バージョンでパネルラインやマスクの開口など様々なRGの技術がフィードバックされてることもありなかなか新鮮味のある感じに仕上がってました。
可動やギミックなどもそこまで目新しい要素はなかったものの胸部ダクトや肩アーマーなど細かい部分までリアルさを追求した堅実な作りになってると思います。
今回は初のver.3ということで最も代表的な初代ガンダムでしたが同じようにRGの要素を取り入れたザクやらZなども続いていくのかも気になるところです。

MG ギラ・ドーガ(レズン・シュナイダー専用機)、 HG ガンダムアストレイゴールドフレームアマツなど(プレミアムバンダイ)



MG 1/100 RX-78-2 ガンダム Ver.3.0
MG 1/100 ストライクルージュ オオトリ装備 Ver.RM
HGUC 1/144 ヴィクトリーガンダム(あみあみ)