SHF ブレイド レビュー
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーブレイドのレビューです。
フィギュアーツ ブレイド レビューフィギュアーツ 仮面ライダーブレイド
全身。新素体ということで小顔かつ肩幅や太腿などほどよく力強さもある理想的なプロポーション。
P00_8362
顔。小さいサイズながらちゃんとクリアパーツが使われ頭頂部の造形もシャープ。内部のモールドも細かく再現されてました。
P00_8356P00_8350
ただ目が少し小さいのかそのせいで微妙に面長感があり劇中そのままといった感じではないかも。
P00_8365
各部位など。胸部はほどよく幅や厚みがある体型でなかなかマッシブ。シンプルなデザインなので塗装で気になる箇所もなし。
P00_8367
腰回り。バックルもちゃんと立体的に再現。
P00_8344P00_8348
腕や足。肩当ては腕側に接続。各部に巻かれてるベルトの鋲やスペードもきっちり。スーツのしわなんかもリアルでした。
P00_8374
足裏も手抜きなし。
P00_8383P00_8380
可動は新素体なだけあって腰が引き出せるようになっておりスイング幅などもめちゃ広め。
P00_8388
捻りも問題なし。
P00_8392
肩は引き出し式で肘も深く曲がります。肩当てはスライドするようになっており下にずらすことも。
P00_8397
股関節は龍騎や電王素体に似た感じで見栄えを損なわず大きく可動。膝、足首なども申し分なく接地性もばっちりでした。
P00_8310
オプション。
P00_8316
ラウズカード一式。
P00_8324
ブレイラウザーは残念ながらシールでの再現。表側は封印してない状態の絵柄との選択式。
P00_8400
ブレイラウザー。通常時は左腰のホルダーに装備。
P00_8430
ホルダーは2箇所が可動。
P00_8403
抜いた状態。造形塗装ともに本体に負けず劣らずよく出来てました。
P00_8407
APの表示も再現。
P00_8417P00_8413
トレイを展開してベースに刺した状態。
P00_8420
カードトレイの展開は差し替えで再現。シールなのは惜しいですが形が均等に揃ってるので非常に綺麗。
P00_8424
裏側。一応シールを貼らなければカードを抜いた透明の状態にしておけるのでその点はシールの利点かも。
P00_8427
ブレイラウザーを地に刺した状態を再現するベースも付属。
P00_8378
龍騎同様カード持ち手も付属。カードの素材も龍騎と同じでした。
P00_8435
キック用エフェクト。取り付けはつま先にはめこむだけ。
P00_8437
内側の3本の電撃エフェクトは基部がBJで位置調整が可能。
P00_8327
サイズは平均的なものと同じ。
P00_8453
適当に何枚か。
P00_8454
肩当ては腕側に付いてるのでほとんど干渉せず肩周りは柔軟に可動。
P00_8457
足も大きく開くのでハイキックも余裕。
P00_8475
剣は結構大きめですが持ち手がぴったりなので保持も安定してました。
P00_8484
柄は長いので両手持ちも可。持ち手は角度の違う2種が付属。
P00_8510P00_8502
足は非ダイキャストなので安定感はそこそこ。
P00_8514
表からだと見えないですがトレイも非常に綺麗。
P00_8527
ラウズする動きも自然に。
P00_8530
スラッシュ。
P00_8551
タックル。
P00_8559
サンダー。色は違いますがフォーゼのエフェクトを拝借。
P00_8563
スラッシュ、サンダーでライトニングスラッシュ。
P00_8567
ウェイー。
P00_8579
キック、サンダーでライトニングブラスト。
P00_8631
エフェクトは箱にはソニックと書いてますが赤く発光してるので多分ブラスト用。
P00_8601
赤い発光を気にしないのであればソニックに使っても良さそうですが。
P00_8523
キック、サンダー、マッハでライトニングソニック。マッハのアンデッドがシャカシャカ走る姿が微妙に面白かった思い出が。
P00_8643
大きく体を捻って、
P00_8644
剣を掲げ、
P00_8595
地面に突き刺し、
P00_8673
助走して、
P00_8716
キックの一連の動作もばっちり。
フィギュアーツ ブレイド レビュー
終わり。以上、S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーブレイド レビューでした。

目が少し小さく見える点だけちょっと気になったものの流石5周年記念というだけあって素体の出来は素晴らしく、等身のバランスやほどよくごつくて力強さを感じさせるプロポーションなどどこもベストな感じで、各部の細かい意匠もしっかり再現され塗装も美しく非常にカッコ良かったです。
足は出来れば龍騎系のようにダイキャストの方が良かったですが、可動範囲も非常に広く代表的な決めポーズもしっかり再現出来、差し替えのトレイやエフェクトなどオプションも凝ってて遊びの面でも申し分のない内容でした。
次はWEB限定のキングフォームが12月でギャレンももうほぼ決まってるみたいですが、他はまだ未定のようなのでキバ系や極魂のブレイドの時のように中途半端な状態で止まってしまわないようにメイン4人は続けてささっと出して欲しいところです。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーブレイド キングフォーム、カイザ GLOWING STAGE SETなど(魂ウェブ商店)



S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーブレイド
S.H.フィギュアーツ ブルースペイダー
S.H.フィギュアーツ キョウリュウレッド(あみあみ)