ガンダムアストレイ レッドフレーム対応 カスタムキット(ホビージャパン2013年10月号付録) レビュー
ガンダムアストレイ レッドフレーム対応 カスタムキットのレビューです。
P00_8836
セット内容。ランナーは1枚で白一色でした。
P00_8856
ドライグヘッド通常状態。
P00_8858
ヘルメット前面パーツを丸ごと交換。側頭部の意匠なども異なる形に。
P00_8851P00_8849
ドライグヘッド発振状態。こちらはアンテナ部分にビームパーツ(白なのでわかりにくいですが)を挟み込むことで再現。
P00_8839
ビルドカッター。一応持つ部分があるのでこのままでも保持出来ますが単体で使うことがあるのかは謎。
P00_8841
ビルドナイフ。こちらも上と同じ。なお複数買いしてナイフ、カッター同士を組み合わせて使うことは出来るそうです。
P00_8862
カレトヴルッフGモード。上のナイフ、カッターと他のパーツを組み立てることで完成する銃型の武器。
P00_8911
グリップには増加バッテリーパックを取り付けることも。なおバッテリーは複数買いした場合連結ジョイントとして使うことも可。
P00_8866
カレトヴルッフSモード。カッターや柄を付け替えて剣状の形に。刀身中央には文字も彫られてるするなどかなりの細かさ。
P00_8869
左のみですが専用の角度が付いた持ち手も付属。
P00_8871
カレトヴルッフ用のジョイントパーツ。フライトユニット上部の穴に差し込んで取り付け。
P00_8883P00_8879
カレトヴルッフを取り付けた状態。なおSモードでの取り付けも可。
P00_8890
ジョイントは中央が可動し角度の調節が可能。
P00_8891
左右用ジョイントも付属。こちらはフライトユニットの翼と交換。3個買いすれば左右中央で同時に装備出来るとか。
P00_8901
適当に何枚か。
P00_8908
そこそこ重量があるのでこういう腕を伸ばした状態なんかだと手首や肩がすぐにへたれてきます。
P00_8929
丸くなってる部分や銃口部分にはビルダーズパーツのレンズやエフェクトを付けたりも出来るとか。
P00_8955
Sモードに。こちらも刀身が長く片手で角度を維持するのは厳しめ。
P00_8946
あと手甲パーツに負担がかかってバラけやすいので瞬着で補強するなりした方が良さそう。
P00_8980
付属の手首を使えば突きの動きも楽に。保持力もこちらの方が強い感じでした。
P00_8962
両手持ちなら肩や手首が負けることもなくがっちり保持可能。
ガンダムアストレイ レッドフレーム対応 カスタムキット(ホビージャパン2013年10月号付録) レビュー
終わり。以上、ガンダムアストレイ レッドフレーム対応 カスタムキットのレビューでした。

これまでの雑誌付録と同じく白一色なのでそのままだと見栄えはいまいちですがディテールはかなり細かく、両形態ともに形状などスタイリッシュでなかなかのカッコ良さでした。
いつも通りギミック面も凝ってて純粋に手持ち武器として使う他フライトユニットへの接続ジョイントや専用の持ち手など付属品もしっかりしていて実質400円以下の付録ながらかなり遊べる内容になってると思います。
雑誌だけ欲しいという人には値上がりしてしまってちょっと面倒なもののレッドフレーム(フライトユニット装備)を買った人ならなかなかオススメだと思います。

HG ガンダムアストレイゴールドフレームアマツ、MG ギラ・ドーガ(レズン・シュナイダー専用機)など(プレミアムバンダイ)



HG 1/144 ガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)
HG 1/144 ガンダムアストレイ ゴールドフレーム アマツミナ
HGAC 1/144 ウイングガンダム(あみあみ)