1/8 阿良々木 火憐 フィギュア レビュー
グッドスマイルカンパニー 阿良々木 火憐のレビューです。
P00_0224P00_0228
全身。いつも通り映像ソフトのパッケージイラストを再現したヴィネット風の仕上がり。
P00_0230P00_0236
ただ流石にロードローラー丸ごとは無理なので前部分のみ切り取った形になってました。
P00_0238P00_0244
本体のポーズもイラスト通り。今回はロードローラー自体が台座になってるので別には付属せず。
P00_0256
顔。かなり久々ですが出来は安定してるシリーズなので今回も完璧。元イラスト以上に可愛いくらいだと思います。
P00_0250P00_0253
アイプリも元絵を忠実に再現し口の塗装なども綺麗。前髪やアホ毛も非常にシャープに仕上がってました。
P00_0258
まとめた髪もイラスト通り動きのついた形に。
P00_0263
各部位など。衣装はタンクトップにジャージというオーソドックスな姿でポーズは腕を組んで指を立てた状態。
P00_0265
アニメでは肉感的な体つきをしてるイメージですが今回はイラストの再現なのでそういった点はあまり目立たず。
P00_0267
後ろ。ジャージのしわの造形や塗装も丁寧。
P00_0270
下はハーフパンツ。しわや紐の角度などまで忠実に再現されてました。
P00_0325
隙間部分もギリギリまで作り込まれておりちゃんと覗けるように。
P00_0275
ハーフパンツの裾部分も同様。
P00_0280
後ろ。布はピチっと張ってる感じでお尻のラインはくっきり。
P00_0282
丸みも綺麗で今回の中では一番色気のある部分かも。
P00_0287
横から。
P00_0290
靴はあっさりめのスニーカー。右足のみロードローラーとダボで接続。
P00_0294
ジャージは着脱可能でタンクトップ姿にすることも。
P00_0299
肩が出るので着てる時よりちょっとセクシーに。
P00_0301
台座のロードローラー単体で。本体やローラー部分の傷や汚れは元イラスト以上にリアルに仕上がってました。
P00_0304
ライトはクリアパーツ。
P00_0308
下のライトは可動式。
P00_0319
勿体ないのでこんな使い方はしないですがDIO様にもぴったりな感じ。
P00_0291
本体のサイズはいつもと同じですが台座のせいでやたらボリュームがあるように見えます。
P00_0367
適当に何枚か。
P00_0330

P00_0353

P00_0403

P00_0392

グッドスマイルカンパニー 阿良々木火憐 レビュー
終わり。以上、グッドスマイルカンパニー 阿良々木 火憐のレビューでした。

元々間を置いての予定だった上にかなり延期したこともあり最後に出た忍野忍から考えると久々でしたが、これまでのシリーズと同じく造形塗装などグッスマらしい安定した作りで完璧と言っていい出来に仕上がってると思います。
特に今回は台座がロードローラーということでこれまでの中でもトップクラスのボリューム感で傷や汚れなどは元イラスト以上にリアルに作り込まれてて車体の前部分だけとはいえかなりの迫力でした。
次の月火も本体よりも大きいジャングルジムが台座になってるということでそちらも非常に飾り映えしそうなので楽しみです。




グッドスマイルカンパニー 偽物語 阿良々木火憐

グッドスマイルカンパニー 偽物語 阿良々木月火

グッドスマイルレーシング レーシングミク 2012 ver.(あみあみ)