スーパーロボット超合金 真ゲッター1 OVA版 レビュー
スーパーロボット超合金 真ゲッター1のレビューです。
スーパーロボット超合金 真ゲッター レビュー
全身。プロポーションや赤の色味などカラーリングもほぼ劇中のイメージ通り。
スーパーロボット超合金 真ゲッター
質感もいつものスーパーロボット超合金シリーズらしい高級感のある仕上がりで見栄え良かったです。
P00_0437
顔。目が若干大きい気もしますがプリントが非常に綺麗なこともあって特に不満はなし。
P00_0434P00_0428
緑のライン塗装なども正確で角の造形もシャープに仕上がっておりかなりのかっこ良さでした。
P00_0441
各部位など。光ってるように表現されることの多い体の緑ラインはメタリック塗装の上からクリアパーツを被せる凝った作りに。
P00_0444
腰回り。ただ細い部分などは通常のメタリック塗装。白部分はいつも通りパール仕上げっぽい質感で安っぽさは全くなし。
P00_0421P00_0426
腕や足。目立つ肩側面や膝はメタリック塗装に。腕の刃も指に刺さるほどシャープ。脛は太めで力強い印象に。
P00_0448
背中。腰にはスタンド用ジョイントの差込口が。なお背部パーツや腕は最近の物と同じくクロスオーバージョイントに対応。
P00_0453
ウイングは基部が球体関節になっており前後左右に柔軟に可動。
P00_0462
肩は引き出し式になっており引き出し幅もかなり広め。珍しく首も大きく引き出せるようになってました。
P00_0465
腰も引き出し式。
P00_0467
足首も同様。
P00_0472
各部の引き出しのおかげで可動範囲はめちゃ広く首周りや腰のスイング幅などこれ以上ないくらい動きます。
P00_0476
引き出し以外の肘や膝などもよく動き可動に関してはほぼ死角なし。
P00_0406
オプション。
P00_0480
ゲッターサイト。柄、刃部分ともにかなり大きめ。今回は値段が上がりすぎないようにする為かトマホークは付かず。
P00_0484
ゲッタビーム用交換腹部パーツ。取り付けは腹部前面のパーツと取り替えるだけ。
P00_0458
今回は機体の特性を考慮して平均的な物より二回りほど大きめに。個人的にはベストなサイズだと思います。
P00_0511
適当に何枚か。
P00_0668
ゲッターバトルウイングはかなり柔軟に動き、ある程度なら前に出したりも出来るのでちゃんと武器の1つとして使うことが。
P00_0574
ゲッターサイトはプラで軽いので保持も安定。ただ今回足が重すぎて動かしてるとすぐプラプラになったのは残念。
P00_0562
本体の重量はサイズに合わせてなかなかのものですがスタンド用のジョイントは本体側スタンド側ともにしっかりしてました。
P00_0573
肩周りの可動は異常なくらい良いのでゲッターサイトも大きく振り回すことが。
P00_0592
ファイヤーラドンのエフェクトで頭部ゲッタービーム。個体差かもしれないですがこういう姿勢だと足は全く上げられず。
P00_0612
色違いますがゴジラのエフェクトでゲッタービーム。限定でもいいので2、3も出てくれたらいいんですが。
P00_0622
最後は神話EXサガのエフェクトでストナーサンシャイン。
スーパーロボット超合金 真ゲッター レビュー
神話EXサジタリアス用も使って終わり。以上、スーパーロボット超合金 真ゲッター1のレビューでした。

プロポーションやカラーリングなどはほぼ劇中のイメージ通りで質感もスーパーロボット超合金らしい高級感のある仕上がりで、メタリック塗装やクリアパーツも効果的に使われ、シリーズの統一感を損なわない程度に大きいサイズなんかもイメージに合っており、OVA版ですが個人的には理想的な真ゲッターでした。
可動も各部の引き出しなどこれまでの集大成とも言えるような作りになっておりどこも物凄く動くんですが唯一股関節が緩くて足を上げた姿勢などが維持出来にくい点だけは惜しかったです。
飾る時は素立ちなので個人的にはそこまで大きな不満はないんですが、やはり他が完璧に近い出来だっただけに勿体なかったので次のマジンカイザーでは改善されてて欲しいところです。

DX超合金 YF-29 デュランダルバルキリー(イサム機)、SDX アレックスシャドウなど(魂ウェブ商店)



スーパーロボット超合金 真ゲッター1 OVA版

スーパーロボット超合金 マジンカイザー

千値練×T-REX ブラックゲッター(あみあみ)