HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.) レビュー
HGUC ゾゴックのレビューです。
HGUC ゾゴック レビューHGUC ゾゴック
全身。ジオンの水陸両用MSらしい奇抜なデザイン。プロポーションは今風にバランスよく整えられてると思います。
P00_2598
モノアイが胴体にある妖怪みたいな体型。クリアパーツのカバーもあるので見栄えも良好。色分け率もほとんど完璧。
P00_2602
モノアイは基部がBJになってて自由に動かすことが。HGUCではシールのみのことが多いのでこれは便利。
P00_2610
頭頂部のブーメランはそれぞれ取り外し可能。
P00_2615
腰回り。同じ系列の機体だけあってズゴックと似たようなパンツみたいな形。
P00_2591P00_2594
腕や足。この辺もズゴックに近いデザインですが手はクローではなく普通に指があります。
P00_2625
バックパック。腰にパイプが伸びてたり結構複雑な形状。
P00_2628
可動は肩や股関節はよく動きますが肘、膝、足首などはそこそこ。
P00_2578
オプション。
P00_2632
ヒートソード。専用の持ち手も付属。
P00_2637
発光状態を再現した刀身がクリアパーツの物も付属。ただ色は無色透明で柄の半面も透けてしまう仕様。
P00_2641
シュツルムファウスト。持ち手はヒートソードと共通。
P00_2646
専用パーツを使って腰へのマウントも可。
P00_2650
アームパンチ延長パーツも付属。2パーツあるので長さは縮まりますが両腕を同時に伸ばしたりすることも。
P00_2617
頭部から外したブーメラン。
P00_2622
サイズは同じ4話登場の水陸両用のジュアッグより少し大きいくらい。
P00_2664
適当に何枚か。
P00_2676
腰はバックパックのパイプが繋がってるせいでほぼ回りませんが肩は柔軟に動くのでソードはわりと広く動かせます。
P00_2690
スタンド穴はいつも通り股間にありカバーを外して差す方式。ただ今回カバーがギチギチで外すのがちょっと厄介でした。
P00_2696
股関節は広く動くので見た目に似合わない軽やかな蹴りが可能。この姿勢でも自立出来るほどの安定感もあります。
P00_2721
ズームパンチ。モノアイがフレキシブルに動くので視線を合わせやすいのが便利。
P00_2741
アッパー。延長パーツは2個付ければ結構な長さに。
P00_2743
手首はそのままなのでソードを持たせたまま伸ばすことも。
P00_2785
ブーメラン発射。劇中ほど膝が曲がらないので全く同じとはいかないですがモノアイが動くおかげでまあまあそれっぽく。
P00_2791
庇いに入るゼーズール。ソードは持ち手のサイズが違うのできっちりはまりませんが一応保持することは可能でした。
HGUC ゾゴック(ユニコーンVer.) レビュー
終わり。以上、HGUC ゾゴックのレビューでした。

久々のUC4話からの水陸両用MSでしたが今の技術での完全新規だけあって一部のラインはシールなものの色分け率など非常に高く、プロポーションも今風のバランスのとれた感じで奇抜なデザインがアニメの印象のまま忠実に再現されてました。
可動も腰だけはパイプの都合であまり回らないですが腕や足などは見た目のわりにはなかなかで、モノアイもBJで柔軟に動きをつけられるようになったおかげでポーズなどとも合わせやすく、また各種武装にMSV版の腕延長パーツまで付いて遊びの面でもかなり充実した内容になってると思います。
ユニコーンに出てきたわけではないので厳しそうですが、この機会にジオン水泳部をコンプする勢いでアッグやアッグガイなんかも続けて出して欲しいところです。

HGUC リバウ、アイザック/ガザC/ギラ・ドーガ(ユニコーンVer.)セットなど(プレミアムバンダイ)


HGUC 1/144 ゾゴック(ユニコーンVer.)
HG 1/144 ガンダムアストレイ ゴールドフレーム アマツミナ
MG 1/100 ウイングガンダム プロトゼロ EW(あみあみ)