HGAC ウイング レビュー
HGAC ウイングガンダムのレビューです。
HGAC ウイングガンダム レビューHGAC ウイングガンダム
全身。HGながら色分け率はかなり高め。プロポーションも等身の高い今風な感じで格好良くまとまってると思います。
P00_4462
顔。小さめサイズながらモールドやエッジなど鋭くほぼアニメそのままな印象。
P00_4459P00_4456
目とセンサーはシール。MGではバルカンは別パーツでしたが流石にそこまでは無理だったようです。
P00_4467
各部位など。中央のセンサーはシールの上からクリアパーツ。このサイズで胸部ダクトもちゃんとパーツ分け。
P00_4470
腰回り。中央グレー部分は下は色分けされてますが上はシール。
P00_4448P00_4453
腕や足。どちらもかなり細身。腕側は肩やクローなど細かく色分けされてますが膝の黒い部分はシール。
P00_4473
バックパック。
P00_4477
ウイング基部は上下左右に広く可動しウイングも外側と内側で別々に動かすことが。
P00_4498
新型ポリパーツが導入されたということで腰のスイングや肩の引き出しなど大きく可動。
P00_4504
股関節も180度開き接地性もかなり高め。
P00_4436
オプション。今回手首は標準の持ち手以外は付属せず。
P00_4480
フル装備状態。
P00_4483
バスターライフル。下側の黄色部分もきっちり色分け。
P00_4487
シールド。先端のグリーンと上側の黒い部分はシール。
P00_4491
内側。保持はグリップを手に持たせる方式。
P00_4494
中央にはサーベルが収納されており設定通り開いて取り出すことが。
P00_4506
変形は設定通り首と腰を回して肩を下げて腕の位置を調整。手首は普通に取り外し。
P00_4511
膝を内側に曲げるように畳みつま先、踵を曲げて調整。
P00_4514
クローを展開させて肘を曲げた状態に。
P00_4519
ライフル、シールドを取り付けてバードモード完成。
P00_4520
特にロックなどはないですがHGでぐらつく箇所などもないので安定してました。
P00_4524
横から。
P00_4527
裏側。リアアーマーのカバーを外せばスタンド穴があるので浮かせるのも楽。
P00_4496
サイズは平均的なHGより若干小さめ。W系のラインナップが充実してるROBOT魂と比べてもだいぶ小さめでした。
P00_4529
適当に何枚か。
P00_4554
バードモードは先端にシールドとライフルを取り付けるような形なのでHGでも結構置き場所取ります。
P00_4572
変形。
P00_4576
毎度ピカーっと機体を照らすあの光はどこから出てるのか謎。
P00_4663
バスターライフルは大きいですがHGなので重量はなく肩のポリパーツなどもしっかりしてるので保持は安定。
P00_4632
後ろから。これくらいなら長時間片手で構えたままでもへたれたりもなさそう。
P00_4642
スタンド穴はいつも通り股間にもあります。
P00_4682
劇中とはちょっと違う姿勢ですが膝立ちでリリーナを庇うようなポーズも楽に。
P00_4690
シールド攻撃。
P00_4709
サーベル取り出し。
P00_4719
シャトル撃墜時っぽい感じで。
HGAC ウイングガンダム レビュー
終わり。以上、HGAC ウイングガンダムのレビューでした。

長い間止まってたHG平成ガンダムシリーズですがビルドファイターズに合わせたオールガンダムプロジェクトということで再開。
出来の方はAGEシリーズなども経て更に進化した色分けや新型ポリパーツによる広い可動などが盛り込まれているので通常のHGとくらべてもかなり完成度が高くプロポーションなども今風のスラっとした感じで非常に格好良く仕上がってました。
しばらくは新番組に合わせて主役機ばかり連続で出るお祭り状態になるみたいなので続くダブルエックスやVなんかも楽しみです。

HGUC リバウ、アイザック/ガザC/ギラ・ドーガ(ユニコーンVer.)セットなど(プレミアムバンダイ)



HGAC 1/144 ウイングガンダム

HGAW 1/144 ガンダムダブルエックス

MG 1/100 ウイングガンダム プロトゼロ EW(あみあみ)