超像可動 ソフト&ウェット レビュー
超像可動 ソフト&ウェットのレビューです。
超像可動 ソフトアンドウェット レビュー超像可動 ソフト&ウェット
全身。色や質感はスタチュー版とほぼ同じですがプロポーションは大きく変わってより劇中に近い印象になってました。
P00_4777
顔。ロボットみたいなシンプルなデザインということもありほぼ元絵通りだと思います。
P00_4770P00_4769
瞳なども無いタイプなので個体差もあまり気にしないで良さそう。
P00_4792
頭頂部には星のマーク。
P00_4783
今回珍しく別頭部が3種も付属。こちらは中央の線が下まで真っ直ぐな状態でぱっと見だとあまり違いは目立たず。
P00_4786
こちらは連載前のまだデザインが定まってなかった頃のバージョンで耳部分や顔の穴などの違いが。
P00_4790
こちらも同様でこちらでは耳部分の色形などが違ってました。
P00_4796
各部位など。胸部には錨のマーク。紫部分は別パーツなのでこちらも塗装の個体差はなさそう。
P00_4798
腰回り。この辺も金属の骨組みが露出してるような機械的な意匠に。
P00_4761P00_4763
腕や足。スタチュー版にはなかった肩の星もきっちり。肘や膝のチューブは軟質素材で接着されてるのは上側のみ。
P00_4745
オプション。ハンドパーツは通常の物と指が銀色になった物がそれぞれ付属。
P00_5097
本体、スタチュー版と。スタチュー版とはサイズ以外に体型も異なり並べると大人と子供みたいな感じに。
P00_4808
適当に何枚か。
P00_4944
可動は普段と大きく異なるデザインのせいか肘膝など一重関節で90度ほどしか曲がらず動きはある程度限定。
P00_4836P00_4850
左側は通常頭部で右側は別頭部。僅かな違いでもちゃんと別パーツとして付属させるのがマニアック。
P00_4917
肩やサイドアーマーのようなパーツはBJで可動するのである程度干渉は避ける事が。股関節はよく動き接地性も優秀。
P00_4913
蹴りポーズも大体それっぽくは。関節は普段より若干弱めでしたが勝手にへたれたりする程ではなかったです。
P00_4884
初期設定案の頭部も一応。
P00_4893
こっちの穴の開いた方はちょっと不気味で敵っぽいような。
P00_4949
本体の東方仗助と一緒に。
P00_4960
肘膝以外は特に問題ないので一緒に座らせたりも。
P00_4989
見た目的に進化したりしそうなデザインですが能力は汎用性高いのでどうなるのか謎。
P00_5058
名前が東方定助で掛け声がドラララじゃなくてオラオラなのも何かの伏線なのかも。
P00_5070
終わり。以上、超像可動 ソフト&ウェットのレビューでした。

先に出てたスタチューレジェンド版とはプロポーションなど大きく変わってましたが後に出ただけあって今回の方が顔や体型など劇中に近く、また肩の星マークもちゃんと付いてたりでより完成度の高い仕上がりになってました。
可動は肘と膝があまり曲がらない点だけ気になったものの他は肩や股関節、足首などよく動き、オプションも連載前イラストの頭部まで付いてたりマニアも納得といった感じの仕様になってると思います。
8部もだんだんキャラやスタンドが増えていってるので、それぞれがある程度活躍した後で良いですが今後のラインナップにも期待です。




超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 57.ムーディー・ブルース
超像可動 ジョジョリオン -ジョジョの奇妙な冒険 Part8- 56.ソフト&ウェット
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 58.レオーネ・アバッキオ
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 59.K・クリムゾン(あみあみ)