リボルテック エヴァ Mark9 レビュー
リボルテック エヴァンゲリオンMark.09のレビューです。
リボルテック Mark9 レビューリボルテック エヴァ マーク9 レビュー
全身。9号機ということですがパッと見は零号機とほとんど同じ。ただ以前の使い回しは一切なく今回も完全新規でした。
P00_5132
顔。輪郭は以前よリ細長く。目の中央の黒い点が大きくなったことで生物っぽさが強調された感じに。
P00_5139P00_5135
眼球は可動式。ただいつもの裏側に軸がある形式じゃなく直接眼球を動かすので位置調整しにくいのが厄介。
P00_5143
各部位など。腹部の装甲が一段増えてるなど多少の違いはあるものの大体は零号機と同じ。
P00_5148
腰回り。股関節は普通のリボジョイントに変わってるのでevolutinの物より動かしにくくなってます。
P00_5116P00_5121
腕は前腕裏側についてた板みたいなのがなくなりすっきりし、足は太短くなってるなどこの辺も微妙に変化。
P00_5101
オプション。
P00_5152
首が切断された状態を再現する首パーツが付属。マーク9はこの状態の方が見慣れた印象。
P00_5154
メイン武器の大鎌。ギミックなどは特に無し。普通の持ち手だと緩々なので親指立ててる方でないと扱いづらいです。
P00_5160
セントラルドグマ最深部を模した髑髏の台座も付属。ピンの経は共通なので他の機体をはじめ何にでも使うことが。
P00_5164P00_5169
適度に段がついてるので立ちポーズが映えます。
P00_5125
純ネルフ製なだけあってデザイン自体は零号機とあまり変わらずヴィレで改修された改2号機γとはかなりの違いが。
P00_5255
適当に何枚か。
P00_5299
眼球が可動するのはいいんですが直で目玉を摘む方式なのでピタッと真っ直ぐにしたりするのはちょっと面倒。
P00_5254
値段が跳ね上がりそうなので流石に脱出時の飛行ユニットみたいなのは付属せず。
P00_5177
首切断状態で。ヴィネット風の台座があるとやはり飾り映えが段違い。
P00_5303
可動は改2号機γなどと特に変わらず。肩周りなど広く可動するので両手持ちも楽に。
P00_5330
首なし鎌持ちというどう見ても敵にしか見えないデザイン。スタンドはいつも通り魂ステージなどで代用可。
P00_5352
膝立ちなんかも普通に出来ますが股関節が普通のジョイント形式でつま先も動かないのでその辺は以零号機より少し劣化。
P00_5385
当たり前のように出てくるアダムスの器という呼び名は初見時の混乱を招く結構大きな要因の1つだったような…
P00_5228
13号機を護衛。
P00_5400
終盤の首が生えて使徒みたいになった状態とかも出番ほんの僅かなので普通なら無理そうですがリボなら出そうな気も…
P00_5406
新劇では零号機改カラーの青色のエヴァは出てこないのかも気になる所です。
リボルテックヤマグチ エヴァンゲリオン Mark9 レビュー
終わり。以上、リボルテック エヴァンゲリオンMark.09のレビューでした。

細かな塗装の個体差などはいつも通りあるようでしたが、リボルテックのエヴァ系はもうかなりの数が出てるだけあって造形などは安定しており首なし鎌持ちといった独特なデザインも違和感なく再現されてて良い出来でした。
頭部が付いてる時は印象薄いので個人的には目玉が動くギミックはそれなりと言った感じでしたが、可動もいつも通り良好で鎌の両手持ちなどをはじめ遊びやすく、また今回は他と違って専用の飾り台が付いてる点なんかも有難かったです。
やはりこういうヴィネット風の台座があると立ちポーズで飾った時の見映えの良さが格段に上がるので今後も色んな物に付けて欲しいところです。




リボルテックヤマグチ No.138 エヴァンゲリオンMark.09
リボルテックヤマグチ No.139 エヴァンゲリオン8号機β 正規実用型(ヴィレカスタム)
リボルテックヤマグチ No.140 METAL GEAR RISING REVENGEANCE 雷電(あみあみ)