HG ガンダムアストレイゴールドフレーム アマツミナ レビュー
HG ガンダムアストレイ ゴールドフレーム 天ミナのレビューです。
HG ゴールドフレーム 天ミナ レビューHG ゴールドフレーム アマツミナ レビュー
全身。フレームはパールゴールドで金の成型色としては比較的マシな色合い。黒もグロス成型でツヤツヤな質感に。
P00_6128
顔。ブルーフレーム同様マスクが奥まった独特な形でヘルメットの形状もかなり奇抜。
P00_6121P00_6117
目や額のセンサー、頭頂部の赤などはシール。目は奥まった位置にあるのでちょっと見えにくいです。
P00_6132
各部位など。胸部や腹部の赤はシール。パーツの構成自体はレッドやブルーフレームと同じ。
P00_6138
腰回り。この辺は他と同じできっちり色分けされてました。
P00_6139
サイドにはトツカノツルギを装備。
P00_6109P00_6112
腕や足。ブリッツの右腕は完全新規ですがシール多めで色分けはいまいち。足は脛と靴が変わってます大体は他と共通。
P00_6152
トリケロス改。こちらも赤部分はシール。
P00_6155
裏側。ランサーダートは一体成型で分離不可。
P00_6143
左腕はフレームは他と同じですが前腕にツムハノタチを装備。
P00_6148
刃はスライドさせて展開することが。
P00_6159
背中のマガノイクタチは通常時は重ねて畳んだ状態に。
P00_6164
展開すれば巨大の翼のようになり、向きや角度も広く動かすことが。
P00_6079
オプション。平手は左右分付属。
P00_6181
トツカノツルギは腰から外して手持ち可。
P00_6175
マガノシラホコはリード線で射出可能。
P00_6172
これでレッド、ブルー、ゴールドが新フォーマットで勢揃い。
P00_6186
適当に何枚か。
P00_6204
可動は頭部が大きくなってるので干渉しやすいですが他はレッド、ブルーとほぼ同じ作りなので大きくは変わらず。
P00_6212
マガノイクタチは肩と干渉しますが広げればマシに。ただサイドアーマーが他より外れやすいのは厄介。
P00_6217
接地性はレッドなどと同じく良好。首は窮屈ですがブリッツのようなランサーダート発射体勢もとれます。
P00_6236
トリケロス改はランサーダートの取り外しは無理ですがポロリは気にせず遊べるのでその点では楽。サーベル刃も取り付け可。
P00_6249
マガノシラホコ射出。
P00_6258
マガノイクタチは大きく前面に展開できるのでエネルギー吸収状態も再現可。
P00_6267
HGで重量もさほどないので展開状態で長時間飾ってもへたれる心配もあまりなさそうです。
HG ゴールドフレーム 天ミナ レビュー
終わり。以上、HG ガンダムアストレイ ゴールドフレーム 天ミナのレビューでした。

この手の金色が目立つデザインの機体は成型色で微妙に見えることが多いですが今回はわりとマシな方でグロス成型の黒も機体のイメージにあってる感じでなかなかのかっこ良さでした。
頭部の形が変わってるので首周りの可動だけ窮屈になってるのとサイドアーマーの外れやすさは気になりましたが、基本的な作りはレッド、ブルーと変わってないので首から下はよく動き、武装も豊富でプレイバリューもそちらに負けず劣らずの内容になってると思います。
ブルーと同じく元々のデザインが複雑なのでシールは結構多めなものの今の技術で新しく作られただけあって総合的な出来はなかなかで3体並べると統一感もあって飾り映えするのでこれまでの2体が気に入ってた人ならオススメです。

HG ゴールドフレームアマツ、1/72 VF-1J スーパーバルキリー マクシミリアン機/ミリア機など(プレミアムバンダイ)




HG 1/144 ガンダムアストレイ ゴールドフレーム アマツミナ

HGAW 1/144 ガンダムダブルエックス

MG 1/100 ウイングガンダム プロトゼロ EW(あみあみ)