ROBOT魂 ベリアル レビュー
ROBOT魂 ベリアルのレビューです。
ROBOT魂 ベリアル レビューROBOT魂 ベリアル
全身。プロポーションはほぼ設定通りで各部鋭く尖ったシャープな造形。黒は見本に比べると若干薄くなりより設定色に近く。
P00_6329
顔。マスク部分など結構複雑ですがエッジの効いた仕上がりで見栄え良く角や顎の尖り具合も申し分なし。
P00_6321P00_6319
目はメタリック塗装。かなり小さめサイズですがラインなどもムラなく綺麗に塗られてました。
P00_6330
各部位など。色数は少ないですが造形がしっかりしてるので見劣りする感もなし。胸のPlan1055の文字も綺麗にプリント。
P00_6334
腰回り。見本に比べると黒はやや薄めですが濃い色には違いないので質感も良好。
P00_6311P00_6315
腕や足。他のAS同様細身なデザイン。この辺の曲線的なフォルムも設定絵を忠実に再現。
P00_6338
背中には翼。
P00_6345
大小ともに基部が可動。大の方は根本のパーツが左右に動くので外側に開くような動きをすることも。
P00_6457
可動は首や腰のスイング幅などかなり広め。翼パーツも可動式なので特に干渉が気になることもなし。
P00_6463
肩、肘、股関節、膝、足首なども良好。ただ腰が45度くらいしか回らない点だけは惜しかったです。
P00_6292
オプション。他にクリップなしの魂ステージ5も付属。
P00_6354
40mm機関砲は差し替えで再現。この部分が通常時、差し替え時ともにポロリしやすいのがちょっと厄介。
P00_6370P00_6373
アイザイアン・ボーン・ボウ装備状態。
P00_6375
収納状態。
P00_6381
展開状態。大きいので多少取り回しにくい所はありますが、持ち手などきっちりしてるので保持などは安定してました。
P00_6359
サイズはアーバレスト、レーバテインより若干大きめ。
P00_6498
適当に何枚か。
P00_6433
肩周りの可動が優秀なので腕組みもわりと自然な感じに。首もよく動くので突進姿勢も様になります。
P00_6508
スタンドはジョイントを背部パーツと付け替えて使用。
P00_6419
アイザイアン・ボーン・ボウ装備。機関砲は外れやすくて面倒ですがこちらはわりと安定してました。
P00_6409
機体のスペック的に必要ないんでしょうが近接武器が全くないというのは玩具的にはちょっと淡白な感も。
P00_6427
妖精の羽を使われるとこちらで戦うしかなし。
P00_6515
アーバレストと対決。ラムダ・ドライバ用の角度のついた平手パーツも付属。
P00_6527
武装を使う程でもない。貫手など手首のバリエーションがもうちょいあったら更に良かったかも。
P00_6549
除隊を、許可する。
P00_6605
レーバテインで再戦。
P00_6670
最終決戦。この辺もアニメで見れたらさぞ迫力ありそうですが今ならアナザーが優先されそうなのでもう無理そう…
P00_6721
心理的揺さぶり、キャンセラー、自爆技でやっと一撃。
ROBOT魂 ベリアル レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 ベリアルのレビューでした。

黒の色味は見本より若干薄くなってましたが設定色にはより近くなった感じで質感も良く、あちこち尖りまくったデザインも忠実に再現され、細部のエッジなども鋭くラスボスらしい風格ある見た目に仕上がってました。
遊びの面でも腰が回りにくかったのと腕パーツのポロリだけちょっと惜しかったものの可動などは概ね優秀で腕組みなども自然に出来たり、メイン武器のアイザイアン・ボーン・ボウも構えやすく特に大きな不満はなかったです。
SIDE ASは出番ほんのちょっとのクルツ専用シャドウまで出たりかなり充実したラインナップになってきてるのでアナザーに出てくる新機体なども含め今後もこのペースで続いていって欲しいところです。

ROBOT魂 Zy-98 シャドウ(狙撃仕様)、アレクサンダType-02(リョウ機&ユキヤ機)、バーザムなど(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE AS〉 Plan1055 ベリアル
ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE AS〉 フルメタル・パニック! ARX-8 レーバテイン
ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE AS〉 フルメタル・パニック! アーバレスト ラムダ・ドライバ(あみあみ)