ROBOT魂 ガンダム mk5 レビュー
ROBOT魂 ガンダムMk-Vのレビューです。
ROBOT魂 ガンダムmk5ROBOT魂 ガンダム Mk-V レビュー
全身。Ka Signatureシリーズらしくマイナー所からのチョイスでいつも通り質感など通常のROBOT魂より一段上の仕上がり。
ROBOT魂 ガンダムmk-v レビュー
顔。ガンダムタイプですが目の位置やアンテナなど独特で色や鋭角的な顎の形状など敵メカっぽい雰囲気に。
P00_6912P00_6911
モールドなどのディテールも細かく各種センサーやダクトなどの塗装もきっちりしてました。
P00_6922
各部位など。ドーベンウルフの元になってるということで胴体のデザインなど微妙に面影が。
P00_6925
腰回り。サイドアーマーなども似た形に。なお写真だと上手く写らないですが実物の青はもうちょい緑がかってます。
P00_6901P00_6907
腕や足。両肩にはミサイルポッド。腕は比較的シンプルですが脚部はラインやDマークがプリントされてるなど結構派手。
P00_6928
ミサイルポッドは非展開ですが基部は可動式。
P00_6934
バックパック。でかいビームサーベルやむき出しのバーニアなど結構派手め。
P00_6936
サーベルは基部が可動し展開してビームカノンにすることも。
P00_6941
インコムはドーベンウルフと同じ位置にあり引き出し可能。
P00_6954
可動は肩とフロントアーマーが引き出し式で首や腰のスイングなども良好。
P00_6956
デザイン的に干渉はありますが肘膝ともに2重関節でよく曲がり接地性も良好。ただ足首関節は緩めでした。
P00_6890
オプション。
P00_6996
デカール。
P00_6969P00_6970
フル装備状態。
P00_6982
ビームライフル。大型でなかなかの迫力。
P00_6986
シールド。こちらもラインやマークが入ってるなど結構派手め。
P00_6989
裏側。接続は普通に肘に差し込む方式。ジョイントはシールド裏の穴のどこにでもさせ位置の調節が可能。
P00_6991
ジョイントは可動式で腕に密着させた取り付け方も可。
P00_6960
バックパックへマウントすることも。
P00_6942
インコムケーブルはリード線で再現。折り曲げた部分に取り付ける中継器も付属。
P00_6978
適当なものと。平均的なROBOT魂よりはだいぶ大きいですがHGUCのドーベンウルフよりは小さかったです。
P00_6997
適当に何枚か。
P00_7019
可動は肩の引き出しがもあるのでライフルの構えポーズなど柔軟に動かすことが。
P00_7037
ただ肩のミサイルと背中のビームサーベルが干渉しやすくパーツが擦れないよう気を使う必要があるのがちょい面倒。
P00_7061
ビームカノンはサーベル用のダボ付き手首があるのできっちり保持出来ます。
P00_7078
インコム展開。ドーベンウルフと同じく脛の裏にもでかいバーニアが。スタンドはジョイントを使う方式。
P00_7099
射出。曲がる部分に取り付ける中継器もついてるので見映えも良好。
P00_7119
あらかじめ綺麗に動きがついた硬質のケーブルなんかも付いてると更に良かったかも。
P00_7123
サーベル刃は柄に合わせてぶっといのでかなりの迫力。ただ持つ角度によっては勝手に外れたりも。
ロボット魂 ガンダム mk5 レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 ガンダムMk-Vのレビューでした。

センチネルはGジェネのダイジェストで大雑把な内容を知ってるくらいですがこれを逃すとこの先もほとんど立体化がなさそうな機体だったので注文。
出来の方は塗装や質感などいつも通りのKaシリーズらしい手の込んだ作りで見栄え良く、可動も良好、武装も基本的なものに加えインコムという特殊な物も付いてたりして充実した内容になってました。
Ka Signatureはいきなりバーザムが来たり本当にどの作品から何を出すかなど全く予想出来ないシリーズになってきてますが今回のmk-5と並べられるEx-Sガンダムや発展機のドーベンウルフなんかもいつかは出して欲しいところです。

ROBOT魂 バーザム、Gファルコン、シャドウ(狙撃仕様)、アレクサンダType-02(リョウ機&ユキヤ機)など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉ガンダムデスサイズヘル

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 テスタメントガンダム

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉リーオー(飛行ユニット装備)(あみあみ)