ROBOT魂 エクストリームガンダム オプションセット レビュー
ROBOT魂 エクストリームガンダム オプションセットのレビューです。
ROBOT魂 エクストリームガンダム オプションセット レビュー
セット内容。こちらはエクリプス・フェース用。
ロボット魂 エクストリームガンダム オプションセット
こちらはアイオス・フェース用。ウイングがある分ボリュームはこちらの方が上。
P00_7755
type-レオス通常形態に取り付けてエクリプス・フェースにした状態。
P00_7760
ヒイロや叢雲劾との戦闘から学んだ射撃戦データが元になってるそうでツインバスターライフルに似た武器を装備。
P00_7763
肩はブラスターカノンが付いた物に交換。
P00_7797
基部を回転させ砲身を引き出し展開状態にすることも。
P00_7769
サイドアーマーは長い形状の物に交換。赤、黄のパーツはともに可動式。
P00_7826
ヴァリアブルサイコライフル。左右を連結させてクロスバスターモードにすることも可。
P00_7849
続いてアイオス・フェース。
P00_7850
こちらはニュータイプなどから学んだデータが元になってるそうで背部に大型のウイングを付けてるのが特徴。
P00_7857
こちらでは胸部パーツも交換。上から被せるように取り付けるので胸板が厚い感じに。
P00_7861
フロントアーマーも交換。
P00_7853
リアアーマーも。赤いパーツは可動式。
P00_7864
ヴァリアブルライフル。持ち手はサイコの方と共通。
P00_7867
シールド。
P00_7871
裏側。取り付けは前腕側面のパーツを外してジョイントに付け替える方式。
P00_7874
シールドは分離して取り付け位置を変えることで小さくすることも。
P00_7878
ウイングはバックパックの上側パーツを交換して取り付け。基部やそれぞれのパーツが可動し展開状態にすることが。
P00_7882
ウイングのファンネルパーツを取り外し、専用のジョイントに取り付けてライフルと組み合わせればディバインシュートも再現。
P00_7970
ゼノン、エクリプス、アイオス・フェースを全部乗せしてEXAフェースにすることも。
P00_7981
物凄いボリュームで自立させようとすると股関節が勝手に開くくらいの重量に。
P00_7793
適当に何枚か。
P00_7806
ブラスターカノンは肩アーマーに付いており上下に動かすと腕も一緒に動くので見栄えする角度はある程度限定。
P00_7823
ライフルは軽いので腕を伸ばしても肩が負ける心配はなし。持ち手のサイズもぴったりでした。
P00_7837
肩可動が優秀なので連結状態での構えも楽に。ただ今回エクリプスクラスターは付属しないのでこちらのモードはまだ不完全。
P00_7939
続いてアイオス・フェース。
P00_7957
ウイングは位置を調整出来るので自立も可能ですが動かす時はやはりスタンドを使った方が楽。
P00_7914
ディバインシュートはかなりの重量なので左手を添えるかスタンドで支えるなどしないと構えるのは厳しめ。
P00_7993
最後はEXAフェースで。
ROBOT魂 エクストリームガンダム オプションセット レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 エクストリームガンダム オプションセットのレビューでした。

ウイングが重量ありすぎて自立させると腰が反ってしまうなどボリュームあるが故の多少の遊びにくさはあったもののこれだけのパーツ数にも関わらずポロりは全くといっていいほどなくよく出来ており非常に充実したオプションセットになってました。
特にEXAフェースのゴテゴテ感はこれまでのガンダム系ROBOT魂の中でもトップクラスでクリアパーツやメタリック塗装がふんだんに使われてることなどもあって非常に豪華で見映え良かったです。
唯一エクリプスクラスターが付属せずエクリプスフェースがまだちょっと不完全な点だけ惜しかったのでそちらも何かの機会があれば出して欲しいところです。

ROBOT魂 バーザム、Gファルコン、シャドウ(狙撃仕様)、アレクサンダType-02(リョウ機&ユキヤ機)など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉 テスタメントガンダム

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉ガンダムデスサイズヘル

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉リーオー(飛行ユニット装備)(あみあみ)