HGBF ビルドストライク レビュー
HG ビルドストライクガンダムのレビューです。
HGBF ビルドストライク レビューHG ビルドストライクガンダム フルパッケージ
全身。ストライクを元にしたということで胴体などはほぼそのまま。ただ流用はなく完全新規なので色分けなどは良好。
ビルドストライクガンダム レビュー
顔。プラモがメインという特殊なストーリーのようですが一応主役機だけあってあまり癖のないデザインで普通に格好良いです。
P00_0160P00_0158
HGなのでダクトなどまでは無理ですが元々色数が少ないことも在り色分けもほぼ完璧。
P00_0167
各部位など。胴体のデザインはストライクそのまま。ただフレームのグレーや腹部の白はきっちりパーツ分けされた新規に。
P00_0174
腰回り。この辺も大体ストライクですがサイドアーマーはサーベル付きに変化。赤いラインはシール。
P00_0151P00_0154
腕や足。関節はウイングと同じ新型ポリパーツ。肩や腕の細かい部分、膝の青などこの辺は結構シール多め。
P00_0177
背中はまんまストライクで穴の径は他のHG SEED系と共通。
P00_0140
オプション。
P00_0182
ビルドブースター。ストライクと合体出来る支援機でオオトリを元に設計されたとか。なお珍しくスタンドは付属せず。
P00_0183
後ろ。パーツは青一色でそれ以外は全部シールなのは残念。
P00_0188
横から。見本では大型ビームキャノンの先端がグレーだったりするのでシール貼っても色はまだ足りてないようです。
P00_0191
本体に取り付ける時は機首やウイングを畳んで大型ビームキャノンの位置を調整。
P00_0557
取り付けた状態。ライフル、シールドも付けてフル装備。
P00_0560P00_0563
イラストなどではウイングの開き方はこうなってるのでこちらの方がしっくりくる印象。
P00_0231
基部はフレキシブルに動くのでエールストライカーみたいな形にすることも。
P00_0209
大型ビームキャノンは合体後も前面に展開可能。グリップも引き出せます。
P00_0212
ビームライフル。特に目立った特徴はない普通のデザイン。
P00_0215
小型のビームガン、
P00_0220
大型の強化ビームライフルも付属。こちらはフォアグリップが可動し両手持ちが可。
P00_0527
チョバムシールド。角部分の白以外は色分けされてました。
P00_0533
裏側。取り付けはいつも通りジョイントを肘にはめ込む方式。
P00_0568
サイズはHG SEED系と大体同じでこの前のウイングより大きかったです。
P00_0570
なおHG SEED系の背負い物はそのまま取り付けられ、ビルドブースターは接続部のピンを裏返せばRGにも取付可能に。
P00_0252
適当に何枚か。
P00_0281
とりあえず素の状態で。可動はこの前のウイング同様新型ポリパーツが使われてるので非常によく動きます
P00_0268
接地性なども問題なく膝立ちも楽に。
P00_0305
ビルドブースター発進。
P00_0290
合体。ウイングを広げた時のシルエットはストライクというよりフリーダム。
P00_0319
肩も大きく引き出せるのでライフル両手持ちも楽々。
P00_0344
レールガン発射。
P00_0354
今回はグリップを握ることも。
P00_0364
サーベル刃はごく普通の物が付属。
HG ビルドストライク フルパッケージ レビュー
終わり。以上、HG ビルドストライクガンダムのレビューでした。

ビルドファイターズはガンプラ自体で遊ぶという特殊な作品ということで、ガンダムX魔王や戦国アストレイなど突飛な機体名が出てきたり世界観も相当変わったものになりそうですが、とりあえず今回のビルドストライクは主役機ということもあってあまり癖もなくなかなかの格好良さでした。
結構派手めな機体なのでそこそこシールも多かったですが、完全新規なので目立つ部分はきっちり色分けされており、この前のウイングと同じ新型ポリパーツなので可動も申し分なく1体目としては十分な出来に仕上がってると思います。
プラモの改造などがメインの話なので新規より既存のキットの流用が多く出そうな感じですが今後どういう機体が増えていくのかなど気になるところです。

HG ガンダムアストレイゴールドフレーム、HGUC リバウ、MG クロスボーンガンダムX3 Ver.Kaなど(プレミアムバンダイ)



HGBF 1/144 ビルドストライクガンダム フルパッケージ

HGBF 1/144 ウイングガンダムフェニーチェ

HGBF 1/144 戦国アストレイ頑駄無