figma クラピカ レビュー
figma クラピカのレビューです。
figma クラピカ レビューfigma クラピカ
全身。ゴンキルアと同じく初期から着用してる民族衣装での立体化。プロポーションなども原作のイメージそのまま。
P00_0738
顔。原作に比べると目が少し小さめですが特徴は概ね捉えておりなかなかの出来。
P00_0735P00_0731
前髪などもシャープで独特な髪型も丁寧に再現。
P00_0744
別表情の緋の目発動状態の怒り顔。
P00_0749
こちらもクラピカらしい静かに怒ってる感じがよく出てると思います。
P00_0754
各部位など。ゴンキルアと同じく胴体の衣装は可動を考慮して軟質素材で構成。
P00_0758
下は前側のみ軟質素材で後ろは可動軸が仕込まれた作りに。きっちり閉じられるのでシルエットも綺麗。
P00_0759P00_0763
腕や足。こちらは両方シンプルな白一色。脚部は素立ちだと隠れてる部分ですがしわの造形などはきっちり作られてました。
P00_0719
オプション。
P00_0777
導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)。チェーン類は全て手首と一体化してる方式。
P00_0771
束縛する中指の鎖 (チェーンジェイル )。どれも軟質素材ですが形状は決まってるので動きはつけられず。
P00_0773
律する小指の鎖 (ジャッジメントチェーン)。ただそれぞれ劇中のシーンに合った形になってるので特に不満はなし。
P00_0767
サイズもゴンキルアと合わせられており適度の身長差が。
P00_0912
適当に何枚か。
P00_0781P00_0783
衣装に軟質素材が使われてる点など作りはゴンキルアと同じなので可動も特に変わらず。
P00_0791
下半身もロングスカートのように覆われてますが前は軟質素材、後ろは可動式なのでほとんど干渉せず。
P00_0941
後ろ側は通常のfigmaジョイントなのでポーズに合わせて柔軟に動きをつけることが。
P00_0815
ガバっと開けば蹴りポーズも余裕。ただ気づくと下の白部分に青が色移りしてたので動かす時は注意した方が良さそうです。
P00_0817
チェーンジェイルで相手を拘束してからの、
P00_0854
強化パンチ。エフェクトは立花響から拝借。ホーリーチェーンは地味だからか今回は付属せず。
P00_0869
一番印象的なウヴォー戦での姿を再現出来ないのは惜しいですが着脱式だと見映え悪くなったと思うので仕方なし。
P00_0887
果たして次に戦闘シーンが見られるのは何年後になるのか…
P00_0902
終わり。以上、figma クラピカのレビューでした。

目が原作に比べると若干小さめでしたが他のバランスが良いので気になるほどではなく髪のシャープな造形なども含め格好良く仕上がっておりプロポーションやシルエットも綺麗にまとまっててゴンキルア同様安定した出来でした。
可動もゴンキルアと同じく軟質素材を上手く使うことで干渉を減らして厚着な割によく動き、衣装の着脱までは出来ないものの各種チェーンも手首と一体化してるので使い勝手良く遊びの面でも概ね満足出来る内容になってると思います。
残りのレオリオは桑原みたいになかなか立体化が厳しそうですが選挙編ではかなり活躍してましたし、せっかく3人まで揃ったので何とかそちらも出して欲しいところです。




figma HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) クラピカ
figma シュタインズ・ゲート 岡部倫太郎
figma 翠星のガルガンティア エイミー(あみあみ)