ロボット魂 戦王丸 レビュー
ROBOT魂 戦王丸のレビューです。
P00_4978
全身。龍王丸と同じく白部分がパール仕上げで見栄え良く普通のROBOT魂とは一線を画す高級感ある仕上がり。
P00_4980
龍王丸に比べ頭部が大きく体が小さいので更に等身は低めな体型になってました。
P00_4985
顔。元々そんなに複雑なデザインではなくサイズが大きいこともあり再現度は完璧。
P00_4989
目はいつも通りメタリック塗装。兜飾りなどの造形も非常にシャープ。
P00_4991
横顔。
P00_4993
各部位など。胴体は白一色という物凄くシンプルなデザイン。
P00_4996P00_5001
腕や足。この辺の作りは龍王丸と似た感じに。赤のメタリック塗装もムラなどほとんどなく綺麗でした。
P00_5003
腰が無いような物なので刀はふくらはぎ横に装備。
P00_5024
いつも通り可動にもかなり力が入っててあちこちに引き出しギミックを搭載。
P00_5028
首や腰など見た目からは思いもよらないほど動きます。肘膝、股関節、足首なども抜かりなし。
P00_5031
特に肩の作りは凄くて頭部の前くらいまで引き出してくることが。
P00_4970
オプション。
P00_5005
刀。左右で剣部豪刀、刀部斬夢刀と別の名前がついてるそうですが見た目は特に変わらず。
P00_5010
火炎×の字斬り用のエフェクトも付属。
P00_5035
三ヶ月の雫。通常時は背中に装備。
P00_5019
龍王丸と並べると体型の違いが結構目立ちます。
P00_5038
適当に何枚か。
P00_5050
肩の特殊な引き出し機構のおかげでこんな体型なのに両手持ちも楽々。
P00_5194
ただ首などは引き出すと関節丸見えで見栄え悪くなるのでその辺の兼ね合いは微妙に難しい感じ。
P00_5124
股間部分のカバーを外すと3mm穴がありそのままスタンドを差すことが。
P00_5088
刀の両手持ちも可。
P00_5146
二刀流。足首も引き出し式で足を大きく開いても綺麗に接地することが。
P00_5117
エフェクトは火炎×の字斬り用ですが普通に使っても格好良いです。
P00_5108
出てくるのが終盤ギリギリだったのでいまいち目立った活躍が出来なかったのはちょい残念。
P00_5157
野牛シバラク流、火炎×の字斬り。流石に腕を交差して×字に斬りつける動きは無理でした。
ROBOT魂 戦王丸 レビュー
終わり。以上、ROBOT魂 戦王丸のレビューでした。

パール光沢が美しい白の質感やメタリック塗装など龍王丸と同じく高級感のある仕上がりで各部の造形も鋭く非常に格好良く仕上がってました。
可動もあちこちに引き出し機構が仕込まれてるおかげで見た目からは想像もつかないほどよく動き、二次元の嘘みたいな劇中の動きも大体再現出来たり、エフェクトも使い勝手良く今回は変形ギミックはないものの遊びの面でも申し分なかったです。
今の所次に何が出るかは決まってはないみたいですが参考出品は色々されてたらしく今後も期待出来そうなので、メイン3機で飾れるように幻王丸も早めに出して欲しいところです。

ROBOT魂 バーザム、Gファルコン、シャドウ(狙撃仕様)、アレクサンダType-02(リョウ機&ユキヤ機)など(魂ウェブ商店)



ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MASHIN〉 戦王丸

ROBOT魂 -ロボット魂-〈SIDE MS〉リーオー(飛行ユニット装備)

スーパーロボット超合金 マジンカイザー(あみあみ)